犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  アルメニア »  アルメニアの善と悪(U子)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

アルメニアの善と悪(U子)

こんにちは~!U子です。
実はグルジアからさくっと次の国に来ちゃいました!!

11カ国目は、またまた未知の国アルメニアです。

来るまでが結構大変でした。。


行き方がいまいち分からなかったんですが、
セントラルステーションまで行けば何とかなるだろうととりあえずそこへ。。

アルメニア行きが出ているオルタヂャラバスターミナルの名前だけは知っていたので、
その名前を運転手さんや乗客に聞いて回るも発音が悪いのかなかなか通じず。。。

何人目かでようやく通じて乗り込みます。
で、ターミナルが見えたら降りようと思ってたんですが
なかなかそれらしきものが見当たらず、気づけば終点の折り返し地点に。

ありゃーと思って運転手さんに
「オルタヂャラ?」
と聞くも、多分乗り過ごしたよう。
とりあえず座ってなってジャスチャーをされたので大人しく待つことに。

しばらくしてバスは来た道を戻って、途中で降ろされ、
向かい側のバスに乗り換えろと促されました。

もう信じるしかないので言われた通りに乗って進むと、
今度こそ辿り着けました。

バスは行き先の文字が読めないし、本当に分かりづらいんです~;



オルヂャタラバスターミナルからアルメニアのエレバン行きのマルシュルートカは
運転手軍団が教えてくれて、すんなり見つかりました。

そして無事出発することができたんです。
今までは飛行機で簡単快適で、久しぶりの陸路移動はやっぱり簡単には行かないですね~。


てかてか後から分かったんですが、

セントラルステーションからもエレバン行き出てたみたいです。

ガビーン。



1時間ほどで国境に着いてバスを降ります。
グルジアを出国して、久々に歩いて国境越えです。

グルジアからアルメニアの国境



やってるのかわからないほどの質素なDUTTY FREEを通り過ぎて、
川を越えてアルメニアのイミグレーションに向かいます。

イミグレを通る前に自動両替機でアルメニアのお金を得て、ビザを買います。
他に人がいなかったのですぐにビザはゲットできました。

荷物検査などはなく、イミグレのおっちゃんも愛想が良くさくっと入国できました。


来ましたーアルメニア!!


そこから途中の小休憩も含めて4時間のバス旅です。
ガタガタボコボコの山道にちょっと酔ってしまい寝てばっかりいたんですが、
途中途中に見える景色は壮大なものでした。

どこまでも広い草原を羊の群れが歩いていたり、桜に似た木がたくさん並んでいたり。

アルメニア国境後の道3


中でも圧巻だったのは雪化粧のコーカサス山脈です。

アルメニア国境後の道1

アルメニア国境後の道2


雪山を見るとスノボがしたくてウズウズしちゃいますねー。


だんだんと家の数が増えてきて、気づけば都会に。
バスターミナルに着きました。

目の前にあったレストランに入りまずは腹ごしらえ。
ウインナー入りジャーマンポテトとセロリのサラダとパンです。

アルメニア最初のご飯

安いし味付けもかなりおいしい!一気に元気が出ました。


さて、目的の宿探しです。バスは駅の近くに着くはず。
ネットで見た地図によると、駅からは簡単な道のり。
さて駅はどこかなと見渡すも見当たらず。。。

またまた聞き込みです。

「エレバンレイルウェイステーション?」

みんな「???」

英語、本当に通じないんです。
英語で聞いても容赦なくロシア語でペラペラ返ってきます。

こうなったら絵だ!!と思い、線路を描く。
まだ通じない。
超簡単にさささっと電車の絵を描いて見せて、「ガタンゴトン!!」と言ってみる。


そしたら急に閃いたのか、おっちゃんが「ガッタンゴットンね!」と分かった様子。
そして当てた嬉しさで大爆笑がしばらく続き。。。早く教えてくれー(^^;)


道路を走るミニバスの番号を教えてもらって乗り込みます。
狭くて直立できず腰と首を曲げて変な体勢でしばし我慢です。

ここで事件が。

T平がスリ未遂に遭ったんです!

何かポケットを触られる感触。
お財布の入ったポケットをもぞもぞされたそうです。
そっちを睨むと隣のオトコが少し慌てた様子。
でもズボンと紐でつないでいたので大丈夫でしたし、中身も減っていませんでした。
被害は無かったので良かったですが、来てそうそうアルメニアの悪を見てしまいました。

でもT平は気にしてない様子で言ったんです。

「今のスリ下手だったよ。」



ミニバスはしばらく走った所で、運転手さんにここだよと言われ降ります。
何やら立派な建物が並ぶ広場に出て、ほほ~あれが駅かな?立派だねぇなんて
話しながら地図と照らし合わせて線路や像を探すも何だか違う。

あれ、まさか違う場所?
そういえば運転手さん行き先告げた時イマイチ分かってない表情だったなぁ。。。
どうしよう、タクるか。。。
でもお金もったいないなぁ。

と考えながらキョロキョロしていると、一人の救世主が現れました!!


「ドウシマシタ?トマルトコ、サガシテイルンデスカ?」

カタコトの日本語を話すおじさん。
話をすると、どうやらここは駅ではないらしく、
私達の行きたい場所はまだ遠いからバスに乗らないといけないらしい。
何と一緒に付いて来てくれることに。

ちょっと疑う心も持ちつつ、でも何だか悪そうな人には見えないので
お言葉に甘えることに。

一緒にバスに乗って、色んな話をしました。

おじさんは15年前に日本で働いていて、亀戸や水戸、横浜に住んでいたことや、
アルメニアとトルコの事情、アルメニア料理についてなど。
何より嬉しかったのは私達のホームタウン、北千住を知っていたことです。

そしてバスを降りる時、ヤスイカライイヨーってバス代まで払ってくれました。

ホテルまでの地図の目印も見つけられて、

「本当にありがとう、何でこんなに親切にしてくれるの?」

って聞いたら、おじさんは言いました。

「ワタシハジメテニホンイッタトキ、オシエテモラッタ。
 ナリタカラヨコハママデノデンシャ。
 スゴクウレシカッタ。
 ダカラワタシモオシエル、ヤクニタツ、ワタシモウレシイ。」

ちょっと泣きそうになりました。
 

そしてモウダイジョウブ?イケルラナラバイバイネ、
って言われて立ち去ろうとした時
何かを思いついたようでおじさんは言ったんです。

「ヤッパリツイテイッテイイ?コノヘンニホンジンヨクミル。
 モシマタアッタラアンナイシテアゲタイ。」


って!どんだけいい人なんですかー!!ほれてまうやろー!!

宿まで一緒に行きました。
宿のおばあちゃんとも挨拶して、
アルメニアでやな事あったら何でも言ってねって電話番号を渡してくれました。

何て親切に。。しばしボーゼン。

最後までちょっと疑う心持っててごめんなさい。
おじさんと会わなかったら辿り着けなかったよー。
本当にありがとう!!

アルメニアのいい人


アルメニア、濃い初日です。



世界一周ブログランキングに参加してます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
画像をクリックして下さい♪
一日一回のクリック応援、よろしくお願いしま~す(^_^)

うまくリンク先のランキングが表示されない方は
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング
関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/100-d50526f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。