スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

尿意よ(T平)

アマスヤは1泊でいいか。

小さな町だし1日歩き回ったらもう満足したし、
宿代も高いし、そもそもトルコって広いし、
さくさくっと移動しておくべきなんだろうなぁという
よくわからない暗黙の了解が夫婦間にあったりしました。


でもオトガル(バスターミナル)へ向かう途中に立ち寄ったパン屋でのこと。


安いパンを探して1個1個みみっちく値段を聞いている僕ら。
そんな僕らをかわいそうに思ったのか、
パンと水を買ってくれ、そのままオトガルまで車に乗せてってくれる
ナイスミドルなおっちゃん登場。

パンおっちゃん

買ってもらったパン



こういう田舎で旅行者が少なくて優しい人の多いとこにこそ長くいるべきなのではと、
さっきまでの考えを改めかけたけたものの、
手元には次の町へのバスチケットがあるので引き返せないし、
名残惜しくも次の町へ進むことに。


オトガルでしばらくバスを待ちつつ、
自分の膀胱の尿意を確認します。


何故尿意かというと、トルコのバスは立派なバスのくせにトイレが着いていないんです。


だから3、4時間に1回くらい休憩所に立ち寄る。
休憩所やオトガル、街中の公衆トイレはトイレ代がかかる。
なのでトイレに行けたとしても、せっかくだから行ってくるか、というわけにはいかない。


だいたいトイレ1回あたり1リラ(≒57円)します。

1トイレ≒リンゴが4つ買えます。
4トイレ≒ビールが飲めます。
10トイレ≒定食が食べられます。




今回のバスはまずアマスヤから首都アンカラまで6時間。
アンカラから目的地までが5時間。
合計11時間、どれだけトイレに行く回数を抑えられるか。


いざ、出発。


まずアマスヤからアンカラ。

車窓からの景色

アンカラのバス車窓から


窓の向こうのいい景色を眺めながらボケーッとしていると、
バスの添乗員さんがやってくる。
どうやら前の席から順番に、水をコップに入れて配っているようだ。


水ならばいらない。

トイレに行きたくなるからと断ると、
今度はジュース、そして紅茶を配っている。
これはまずい、節約生活のリバウンド。
欲求を耐え切れず目の前のコップを載せるボードを倒す。


となると、休憩ポイントでトイレへ向かう…。
あぁぁやってしまった。
夫婦合計で2トイレ。



アンカラに到着したら、そのままオトガルでバスチケットを購入。
アンカラのターミナル

偶然にも出発が5分後だったのでトイレに行くかを検討する余裕もなく
バタバタしながらバスに乗り込み出発。

羊の群れ

バスからの景色

トゥズ湖


草原、羊の群れ、トゥズ湖…。
やっぱり窓の向こうの景色はすごくいい。

そしてジュースや紅茶を配る添乗員さん。
あぁーもうどうしようもない。
密封容器のものにしてくれればいいのに、コップに注いでくれる。


尿意がアップ。
休憩ポイントでトイレへ向かう…。
夫婦合計で2トイレ。


やっと着いた目的地のギョレメ村。
トルコのハイライト、カッパドキア観光の拠点となる場所。

ギョレメの夜景


ここにたどり着くまでに累計4トイレ。
我慢できれば今頃ビールが飲めたのに…。

世界一周している人達のブログのランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑のバナーをクリックするとポイントが入ります。

うまくリンク先のランキングが表示されない方は
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキングへ投票


関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/117-8c930a46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。