犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  トルコ »  地底に眠る謎を紐解く(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

地底に眠る謎を紐解く(T平)

今日は10時に宿をチェックアウトして、
19時の夜行バスに乗る予定。


そんな日はソファーとWiFiと電源のあるカフェを探して、
ブログ書いたり、DSやったりしながら1日だらだらと過ごしたいところ。
でもここはトルコ最大の観光地、カッパドキア。

滞在しているギョレメにはツーリスティックなレストランが並び、
お店のメニューを覗けば、鼻血がぶぶぶっと吹き出そうなくらいの値段。


コーヒー1杯の値段で他の町ならご飯が食べられる。
そんなとこ入れやしない。


こりゃもうどうしようもないので
時間つぶしに観光してきました。



ギョレメからネヴシェヒルという町へ。
そこから更にカイマクルという村へ。


バスを乗り継ぎ、着いた先は地底都市。


カッパドキアの地底都市は、100万人以上が収容可能な超巨大帝国らしい。
でも、なぜ作られたか、いつ作られたかは未だに謎。
恐らく紀元前5,000年~2,000年くらいに作られただろうとかって説があるとのこと。


地底人が住んでいた?
目的は核シェルター?
宇宙人の基地?



などなど。

ちょっと無理がありそうな説もあるけれど、
なんとなくロマンな香りがする。


だとしたら入場料がちょっと高い(15リラ≒850円)のもしょうがないと
何とかお金を支払う理由を作ってみて入ってみました。

地底都市3

地底都市2

地底都市


地底都市の中はアリの巣みたいに
小部屋と小部屋が枝分かれしていてつながっています。


身を低くして同じような小部屋を移動するも、
昔、人が生活していたような痕跡はない。
一説によるとここの住人は出来る限り痕跡を残さないように逃げ出したという。
その理由もやっぱり謎。


U子はあんまりそういう話には興味が無いみたいで
探検気分ですいすいっと地下へ地下へと進んでいき、
気がつけば迷子…。

しばらくさ迷った後に、壁に貼ってある青い矢印が出口への順路ということがわかり、
何とか脱出することができました。


ぎりぎり地底人化は避けられた。
自らがオーパーツになるところだった。
いやー危ない危ない。



地下都市を堪能した後は、ネヴシェヒルへ一旦戻り、
そこからまたまたバスでギョレメから5キロほど離れたウチヒサルという村へ。



ウチヒサルに来た目的は、まだまだ時間が余ってて、
ちょっと散歩しながらギョレメへ帰ろうと思ったから。


ウチヒサル

ウチヒサルのロバ



一見、何も無い田舎村かと思いきや、観光客の姿がちらほら。
もしかしてここ何かあるんじゃないかと辺りを窺いながら坂道を登っていく。

すると突然、一気に景色が広がる。

ウチヒサル城


ウチヒサル城といって観光名所の一つだったらしい。
まさかの絶景にテンションがあがる。

ウチヒサルからギョレメ
うひょー!


その勢いで、ウチヒサルの小道を下り、
途中途中のビューポイントで足を止めながら、
ギョレメへと続く道をだらだらと歩く歩く歩く…。

カイマクル

ウチヒサルからギョレメ2

カッパドキアの奇石群

カッパドキアの奇石群2


ただの暇つぶしのはずが、1日ガッツリ観光してしまった。
これがカッパドキア。

実は世界一周ブログランキングに参加しています。
現在37位!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑のバナーをクリックするとポイントが入ります。

うまくリンク先のランキングが表示されない方は
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/119-9fa13d18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。