犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  イラン »  イランで蘇る原付で捕まった話(U子)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

イランで蘇る原付で捕まった話(U子)

イランにやってきましたー!

着いたのが朝4時で、ビザとか入国が済んだのが5時過ぎくらい。
まだちょっと暗いし眠いしなので、とりあえず空港のベンチに座って
こっくり寝たり起きたりを繰り返してました。


8時くらいによっしゃ行くかぁーって出発。

空港から町の中心の方まではバスは出ていないのでタクシーで
メトロまで行きました。

途中大きなモスクがあって、タクシーのおっちゃんが寄ってく?って
言ってくれたんですが、眠いし、
ぱっと見たモスクは大きくて立派だったけどたくさんの柵に囲われてて
完全に修復中だったので。。。いっかなって。
252tn.jpg

せっかくの気遣いをごめんねおっちゃん。

メトロに着いたら私達の向う駅名をペルシャ語で書いてくれたりして、
本当に親切でした。

バイバイしたら、おっちゃんの友達がやってきたようでおしゃべりしてました。
その友達を見てびっくり。

完璧カツラでした。
しかも茶髪の少しロン毛の。

親切なおっちゃん、
友達にそれはダメだよ
って言ってあげた方がいいよ。。
※さすがに写真は撮れませんでした・・。


宿に着いたら、2日間ちゃんと寝ていなかったのもあり、
お昼過ぎから夕方過ぎまで爆睡してしまいました。。

こんなに昼寝したの久しぶりです。
やっぱり暇だったとはいえ疲れてたんですね。

起きたらものすごい空腹に襲われました。
気付けば今日何も食べていません。

夜ご飯を食べに町に出かけます。


宿を出て歩いていると。。。やばいです!
道路が混んでいるからか、
歩道にガンガンバイクが走ってるんです。

前から後ろから容赦なくバルルンバルルンと。
気をつけないと歩道で轢かれてしまいます(゜ロ゜)

結構無法地帯だなぁ~とびびっている私に、
ひとつの苦い思い出が蘇りました。


昔、原付を歩道で走って捕まったことあるんです。

普段の私を知ってる人ならびっくりします。
なぜなら犯罪とは全く縁の無いかなりの優良ドライバーだから。

ウインカーは大分前から出すし、時速は30キロを守るし。
(その時はチョイノリに乗ってて30キロしか出なかったってのもある)


でもその日はなんか運が悪い日。

私、ペットショップでトリマーとして働いてて、
原付で通勤をしていました。

お店の前まで来たら、いつも道路でちゃんと降りて、
ガードレールの間をバイクを押して歩道に入ってお店の前に停めてたんです。

ところがその日は邪魔な位置に車が停まっていました。

邪魔な車のせいで普段とは別のスペースから原付を入れなくてはなりません。
重たい原付を10メートルくらいの距離を押して歩くことになります。

急いでいるのもあって、んーめんどくさいから行っちゃえーと
数メートル歩道を走りました。

すると。

「そこの原付止まりなさい!」
って至近距離から音声が。

さっきの邪魔な車がなんと実は警察車両・・・。

何で気付かなかったんだー私のバカー)゚0゚(

とうなだれながらも一旦お店に入り、お店のチーフに
「今ちょっと捕まったので遅刻します」
と告げてポリスマンのところへ。


そしてさらなる悲劇が私を待っていたのです。

ポ「んーダメだよ歩道走っちゃあ~。。えっと、ナンバーは。。
  あれ?!ナンバーは???」



ほ?

なぜ?

そこにあるはずのチョイノリのナンバープレートが消えていました。

∑(゚□゚;)


U「落としたみたいです。。」

ポ「。。。。」


そこからいろいろあって、とりあえず釈放されました。

ナンバーは紛失届けを出して、その間どうすればいいか聞いた所、
代わりの何かにナンバーを書いて張っておけば走れるとのこと。

なので画用紙に太字のマジックでナンバーを書いて
両面テープで貼り付けました。

そのマヌケな姿といったら。。。(T-T*)
手作りの画用紙ナンバープレートは思ったより大きくなっちゃって、
なんとも立派な存在感。


私の働くトリミング室(犬の毛を切る部屋)は大通りに面していて、
いつもたくさんの人が歩いています。。
一面ガラス貼りなので、私からも外の様子は丸見えです。

なので、仕事中見えちゃうんです。。


私のチョイノリを見て笑ってる人々が。。

仕舞いには写メまで撮られてる私のチョイノリ。

それを見てチーフも爆笑。

私、それ乗って帰るんですけど?!(T0T)


案の定、帰り道再びポリスマンに止められました。
ひどいんですよ、

「何だそのふざけたナンバーは!」

って言われましたからね()

「お巡りさんにこうすれば乗れるって言われたのにーーー!」

って涙目で言ってやりました。

そんな切ない私の原付トラブルのお話でした。



イランに話を戻しまして、現在夜の7時。
何軒かレストランや売店を見つけるも、もうちょっと遅くに開くのか
どこも閉まっています。

何か食わせろ~何かないか~

と空腹で寝起きの私達はふらふらとゾンビのように町を徘徊しました。


するとひとつの明かりが。

ケバブ屋さんでした。
とりあえず一番安い鶏肉のを注文。

出てきたのはこちら。
DSCF8080.jpg
お肉は炭火で焼いてるのもあって香ばしくておいしい!

平べったい白いのに巻いて食べるんですが、
二枚目を食べる頃にはパリパリになりすぎてて
巻いたそばから粉々になってしまいました!( ノД`)

粉々のをかき集めてむさぼりました。

うーんおいしかったけど足りないなぁ。

でもお店やってないしなぁ。。
しょうがない、帰るかぁ。


宿に戻る途中、平べったい大きなパンを持ったおっちゃんとすれ違いそうになった時、
いきなりパンを差し出されました。

ちょっと味見してみるか?って。

ちょっとびっくりしながらも素直に食べる私達。

日本だったら道端で知らないおっちゃんにパン食うか?って差し出されても
食べないでしょうね。

イランだと食べちゃう不思議。

DSCF8135.jpg

少しだけちぎってもらって食べたパンは、それはそれはおいしいものでした。
多分焼きたてでホカホカだったし。

宿の近くにそのパン売ってるお店あったから、そこで買ったのかな。

おいしかったねーってにこにこ宿に帰りました。

で宿のロビーでソファでまったりしてたら、
宿泊客のおっちゃんがまたまた同じ大きなパンを片手に帰ってきました。


そして目が合うと目の前でちぎって、半分位くれました。

またまた突然のことにびっくり。

でも当然受け取る私達。

ありがとーっていただきます。
おいしいしお腹も満たされて幸せ~(*´∇`*)


実はこの次の日も道端でパン食うか?って差し出されたんです。

イラン人の謎にパンを分けてくれる優しさにほっこりですヽ(*^∇^*)ノ*:・'゚☆

今日も読んだよ~のしるしに。。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周ブログランキングに参加しています♪
上の画像を1日1回クリックしてもらえると、順位が上がって喜びます(^ω^)

ブログランキングってなんなの?って人は
こちらを読んでくださーい。

うまくリンク先のランキングが表示されない方は
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

♪コメントもお気軽にどうぞ♪
関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/252-08a15109

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。