犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  タンザニア »  ・・・最悪の移動(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

・・・最悪の移動(T平)

タンザニアのルワンザから移動です。

14時間の移動です。
1日使っての長い長い移動です。

アフリカって広すぎて移動時間が長すぎて
どうしても移動の記事が増えがち。

例えば2泊して移動して2泊しての連続になすると、
2日に1回のペースで移動記事になってしまうのです。

でもまあ、それなりに書くことがあるというのは
ここアフリカの旅行しづらさ、移動の辛さによるものでしょう。


記事タイトルにもある通り、
今回は最悪の移動ですからね。
せっかく読んでくれている人が気分悪くならないか心配。


というわけでルワンザからモシという町への移動の話です。
moshiidou.jpg


乗ったバス。
281tn.jpg

そうそうこんなバス。
今思い出しても恨み辛みがこみ上がる・・・。

二度と乗りたくないバスNO.1です。


このバスでムワンザを出発したのは朝の6時。
まだまだ暗い時間でした。


バスに乗り込んで早々の悲劇は、
なにやらむずむずする足元から始まります。


足元に違和感があり、ぽりぽり掻いてみると、
当ブログおなじみの南京虫君の登場です。


スリランカ、ポーランド、ブルガリア、リトアニア・・・。
散々僕らの肌をボコボコにしてきた彼らは、

ここアフリカでは最悪のタイミングで襲ってきたのです。


彼らが出没するのがベッドならば、寝なければいい。
ソファーならば座らなければいい。

でもバスだったら??


 ___________
(ヒャッハ-! バスノナカナラニゲバハナイゾ!)
  ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

::::::::


と、こうなるわけです。


タンザニアの良くわからない場所で途中下車するわけにもいかないので
彼らとは14時間の移動を共にしなくてはならない。


足首から膝、太ももと、
徐々に体の上のほうに上ってくる痒み。
下半身が侵食されるのはあっという間。

暗闇の中、負けじと、足を揺らし、叩き、
南京虫が上半身にあがってくるのを阻止する僕ら。


彼らの攻撃が落ち着いたのは
太陽がバス全体を明るく照らした頃です。


夜行性の彼らは、明かりから逃げ
バスの隙間に逃げ込んでいったよう。

朝日は足元も照らし、
彼らの加減の無い攻撃による結末があらわに。
そして僕らは深いため息をつくのです。


そもそも僕は虫そのものは嫌いじゃないんです。

小学生の頃、腕の上にメスカブトをのせ、
その上にオスカブトをのせていたら、
オスカブトのとがったチ○コがメスカブト通り越して
ずぶぶっと腕にささったことがありました。


たまたま、種族と刺さった場所が違ったのと
運よく安全日だったというのもあって
産婦人科のお世話になることはなかったのです。
とはいえ彼らとは、親に相談できない懇意の仲になったのは事実。

実際、この世から消えてしまえ!と思える虫っていえば
南京虫、蚊、ダニあたりの痒い系と
不潔の象徴であるゴキブリとかくらいでしょうかね。




ん?ゴキブリ??


DSCF9338.jpg
いっぱいいました。


最初は荷物棚の辺りをごそごそとしていたくらいなので
驚きこそすれ、そこまで嫌悪感を覚えるものではありませんでした。

ただ、日光が良く当たり、
良い感じに車内が暑苦しくなってきた頃、
彼らは壁を這い、床を這い、車内を駆け周るのです。


 ______
(ゴキゲンイカガゴキ??)
  ̄V ̄ ̄ ̄ ̄

::::::


ふと上を見上げると、
僕らの頭上、
天井近くにもうごめくゴキブリ数匹。


いうまでもなくバスは揺れます。


タンザニアといえども、でこぼこだかけの未舗装道路は少なくなり、
キレイな道路が作られ始めています。

とはいえ、舗装された道路には
徐行をさせる為の突起物がたくさんあるのです。

突起物は角度がかなり鋭角で、
たとえスピードを落としていても、
バスは大揺れ、女性は悲鳴、ママに抱かれた赤ちゃんは大泣きするレベル。


天井にいる揺れにふんばるゴキブリ。
落ちてこないか気が気でない。


・・・あはやゴキブリの雨。

旅行中、傘がほしいと思ったのは初めて。

一体このバスはどこまで僕らを苦しめるのか。


南京虫&ゴキブリ。
虫界におけるゾーマ、バラモス級の大物にかかれば、

灼熱の車内で窓を開けさせてくれない
前列の黒人姉ちゃん
や、

(砂埃で鼻毛の成長が早まるのが嫌なんだと思う。
最終的に革ジャンを着ているのに暑がっているおっちゃんを味方につけ、
窓を開けさせることに成功。って、いやいや、おっちゃん、脱げよ!)


14時間という長時間の移動なのに休憩がたったの1回しかないとか、

(ガソリンスタンドで休憩、急がされ外に出て用を足すも、
乗客が戻り、乗り込んでから給油するとかっておい!)


そんなのはもう大した問題ではないのです。


バスの車窓からはマサイ族。

DSCF9336.jpg

DSCF9337.jpg

DSCF9339.jpg

この人たち、どこにでもいます。


ではまた明日!

読んで頂いて有難うございます、ほんとに有難うございます!!
世界一周ブログランキングに参加していますので。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
怪しい宗教の勧誘じゃありませんよ。

ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人はこちら

関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント

No title

うげぇ...バスの中にゴキブリ&南京...しかも大量...

僕はアフリカを旅できません\(^o^)/\(^o^)/

2013-10-17 02:01 | from OGGY

No title

バスがかっこいいと思ったら、お馴染みの南京ですか。。。
僕はまだなんとかセーフなんで笑って読んでますがバス南京は大変そう。
続き期待してまーす

2013-10-17 03:37 | from ひろ

Re: No title

>ひろさん
最近、南京の治りが異常に早くなりました。
体が慣れてきたようです。
もう続きがないようにしたいのですが・・・。

2013-10-18 02:41 | from T平

Re: No title

>おぎお
アフリカ来てー!苦しい思いをしてー!!
今、おぎおと会ったことのあるらしい、
しぎやまさんと周ってるよ。

2013-10-18 02:41 | from T平

非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/281-a78e403e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。