犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  ザンビア »  さあ、レッツしゃぶしゃぶ!(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

さあ、レッツしゃぶしゃぶ!(T平)

ザンビアのルサカにて。
プールつきの宿にいます。
304tn.jpg
kALULU GUESTHOUSE
 (ドミ60ZMW≒1,200円、WiFi有料、キッチン有り)
 http://www.backpacklusaka.com/

マラウィを過ぎると物価が一気に上がると聞いていた通り。
宿の値段が倍になりました。

今のところは、高くなった宿賃の変わりに、プールがあるので
まあいいかと思ってはいます。

でも雨でも降ってプールに魅力を感じなくなったら
きっとただの高いくせに設備の悪い宿に様変わりします。

値段に見合わない物価の高さ。
それがザンビア以降のアフリカなんだそうです。

そんな旅行者に厳しいルートへの入り口、
ここルサカの町を一言で表現するならば
中途半端な都会です。

道は綺麗なのに、
IMG_2974.jpg
歩道は舗装されておらず砂っぽい。

芝生にスプリンクラーで水を撒いていると思ったら、
IMG_2947.jpg

ペッドボトルに穴を開けて代用。
DSCF0567.jpg

大型のショッピングモールがあるのに、
IMG_2979.jpg

DSCF0601.jpg
レジの中のお金が不足していたみたいで
お釣りを貰うために
他のお客が10ZMW札を支払うまで待たされたり
宿に戻るためのタクシーがぼったくったりしてきます。


ルサカは見かけ騙しの都会
好きになれないのです。
早く次の町に行きたいと思ってしまうのです。

とはいえ、せっかくルサカにやってきたので
ルサカの名物を堪能することにしました。

しゃぶしゃぶ。
DSCF0571.jpg

DSCF0576_20131101170431f76.jpg

DSCF0579.jpg


日本人5人でやってきました。

物価が高いといっても、
自炊すれば1食200円くらいで済ますことにできるザンビアにおいて
1人前1,200円のしゃぶしゃぶ

きっと僕ら2人だけなら食べないはずなのに
他の日本人といるとテンションがあがって食べてしまう。

なぜならケチって思われたくない、
変なプライドが僕にはあるから。


初めて海外でしゃぶしゃぶしたしゃぶしゃぶは
感動するほど素晴らしかったです。

味だけではなく、
一つの鍋を大人数で囲うという行為が
やっぱりいいと思うのです。

鍋って性格が出ますからね。

面倒見のいい性格をしている人は
具が少なくなってきたのを見越して
肉や野菜を追加してくれる。
DSCF0585.jpg

良く気が利く性格の人は
他のメンバーが箸を伸ばしていないタイミングで
アクをすくってくれる。
DSCF0588.jpg

行動的な人は、
付け合せのキムチが少なくなってきたら
店員さんにオーダーしてくれる。
DSCF0574.jpg

すでに2週間ほど一緒に旅行して
気心のしれたメンバーでも、
今まで知らなかった一面が見えてくる。

酔っ払って何もしないで食いじゃくる僕
温かい目で見守ってくれる彼ら。
やっぱりいいやつなんだなぁ
思い返させてくれ、

逆にちょっと僕、ダメなやつなんじゃないかと
気付かせてくれてウツにさせてくれる。


それがジャパニーズスタイルの鍋なんですね。
IMG_2968.jpg


※ザンビアでしゃぶしゃぶしたい貴方へ。
 Addis Avava Drという大きな道から
 Kabanga Rdという小さい道に入って突き当たり
 ダイアンという韓国料理屋で食べることができます。
 さあ!レッツしゃぶしゃぶ!!

でもやっぱりここはアフリカ。
タレにハエが突っ込んできました。
DSCF0593.jpg


今日も読んで頂いて有難うございます。
世界一周ブログランキングに参加していますので。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
どうかどうかお願いします。

ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人はこちら

関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/304-2d2ae8ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。