犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  アルゼンチン »  旅行者にとってタイミングを見定めるというのは大切なこと(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

旅行者にとってタイミングを見定めるというのは大切なこと(T平)

旅行者にとってタイミングを見定めるというのは、
大切なことです。

出発、移動、観光するタイミングや、
両替、買い物をするタイミング、

世界情勢、世界経済は毎日刻々と変化をしているので、
それらを知っておかなければならなし、
追いかけなくては損をすることがあるのです。

DSCF7710_20131223203755081.jpg
隣国ウルグアイに行く国際フェリーの往復チケットも、
先々週に買っておけば350ペソ(≒3,800円)くらいだったのに
今となっちゃ432ペソ(≒4,700円)もしてしまう。

ウルグアイに行くことより、漢字屋の営業を優先した結果がこれです。

2人分の差額を考えたら、
漢字屋なんてやっている場合じゃなかったのだけれど、
悔い改めてもどうしようもないので、泣く泣くチケットを購入しました。


フェリーの行き先はコロニア・デル・サクラメント
koronia.jpg

古い街並みが世界遺産になっているとこです。

用事ができたので、
ちょっくら日帰り旅行をすることにしました。


ブエノスアイレスに面しているラプラタ川を進むと、
対岸のコロニア・デル・サクラメントへは1時間ほどで到着します。

フェリーを降りてすぐは閑散とした道路。
DSCF7719.jpg

ここではアルゼンチンペソで買い物をすることができますが、
信用の薄い通貨のため、レートが悪く、
両替屋も“売り”“買い”の差がありえないほど開いています。
DSCF7857.jpg

とりあえず用事を済ませます。
DSCF7717_201312232037564c2.jpg

ウルグアイでは米ドルの100ドル紙幣を降ろせるので、
ATMから引き出しておこうと思ったのです。

想像以上にアルゼンチンの滞在が伸びているので
闇両替用に用意していた高額の米ドル紙幣が少なくなってしまったのです。

まだ米ドルはあるんだけど、すべて20ドル紙幣。
闇両替のレートがいいのは50ドル紙幣100ドル紙幣

アルゼンチンの滞在はもうちょっと伸びそうなので
ここいらで高額紙幣を作っておこうと思ったのです。

とはいえ、ウルグアイでの出金にもデメリットがあって、
1回の取り引きの上限は300ドル。
その度に6ドルという高額な手数料を支払わなくてはならないのです。


出てきた100ドル札は新しいデザイン。
DSCF7859.jpg

真ん中の青い線に最新の技術を用いているようで、
見る角度によって絵柄が動きます。

世界中で偽造されまくっているからって、
10年がかりでこのハイテクな紙幣を作った米国。
ババ抜きのような偽札のなすり付け合戦も、
こいつであれば安心、安心、というわけなのです。


そんなわけで、到着後10分で僕らの用事を済ますことは出来たのですが、
せっかくの世界遺産の町。

ちょっとぷらっとしてみることに。


石畳に街路樹が影を作る道を進めば、
DSCF7824_2013122320402678e.jpg

DSCF7764.jpg

雰囲気の良い広場。
DSCF7732.jpg

古い建物に鮮やかな色の花。
DSCF7837.jpg

DSCF7827.jpg


ツタに包まれた雑貨屋。
DSCF7737.jpg

歴史的には、スペインとポルトガルの2国が植民地化を進めた場所で、
それぞれの建築様式が盛り込まれた場所なんだそうです。


素朴。

飾り気が目立たない、簡素な街並み。
DSCF7814_2013122320403535a.jpg

DSCF7807.jpg


彩りに旧車。
DSCF7735.jpg

DSCF7741_20131223203922a95.jpg

DSCF7745_20131223203924f90.jpg

茶色い川に広がる空は青さが際立ちます。
DSCF7791_20131223203946759.jpg

DSCF7805.jpg


マリファナを回す青年たち。
DSCF7793.jpg
最近になって作るのも売るのも吸うのも認められたそう。


僕らは苦めのビールにチョコレートで休憩。
DSCF7845_201312232040365e7.jpg

町の人も休憩、町の犬も休憩。
355tnn.jpg

ビルが立ち並び、排気ガスにまみれたブエノスアイレスの都会的な雰囲気に疲れたら、
この町の穏やかな雰囲気の中で休憩したらいい。

コロニア・デル・サクラメントは、
忙しない日常の中で、力を抜ける時間が過ごせる町。
ゆったり、ゆっくり時間を使うことは贅沢でも質素でもなく、
この町では当たり前なのです。

それは僕らにとってもそう。
ちょうど今は長い旅行の中で休憩するタイミングなのかもしれません。


お忙しい年の瀬、最後まで読んで頂いて有難うございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
↓の親子のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑僕らのランキング順位を押し上げてください!

ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?

関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/355-18719619

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。