犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  ブラジル »  <真面目な話>外国人観光客を誘致するにはどうしたらいいか(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

<真面目な話>外国人観光客を誘致するにはどうしたらいいか(T平)

U子が、ブラジルに来て一番やりたかったことは、

DSC00190 (4)

「ブラジルの人、聞こえますか~?」

という、サバンナ・八木さんの一発ギャグを
ブラジル側でやるということでした。

「日本の人、聞こえますか~?」って感じで。


ただ、言ってしまうと、
正確な日本の間逆は、




・・・海なんです。
Antipodes_LAEA.jpg
出典:Wikipedia





さて、南半球屈指の大都市、サンパウロに着いた僕達は
翌日から町を歩き回っています。


最初にやってきたのはリベルダージ地区という、
サンパウロの日系人が住むエリアです。
DSCF0432.jpg



ここには、とあるカレーを食べるためにやってきました。


このロゴをご存知でしょうか?
gogo.jpg


金沢カレーの火付け役、
ゴーゴーカレーです。

独特の黒いルーが特徴のカレーは、
僕とU子の大好物で、

まだ東京に秋葉原店しかなかった9年ほど前から
何度も通っているカレー屋なのです。

そんなゴーゴーカレーが
ここ、サンパウロのリベルダージ地区に出店したのは3年前の事。

そのニュースを知ったとき、
僕は今回の旅行でブラジルに滞在した際は、
必ず、何があっても、どれだけ高くても、食べに行こう
と、心に決めたのでした。

もう、ゴーゴーカレーがサンパウロのメインであり、
ゴーゴーカレーの為にブラジルに来たといっても過言ではないのです。



そのはずなのに、



まさか品切れになっているとは。
DSCF0455_20140125220511cce.jpg




代わりにタコ焼きと、かき揚げを食べた時、
僕は少し泣きそうになりました。

DSCF0459.jpg

それは久しぶりに味わうソースの香辛料のせいか
それとも、地球の裏側にまでやってきたのに
目的のゴーゴーカレーを食べることが出来なかった悔しさからか・・・。



と、そんあことがあったのですけど、
リベルダージ地区はすごいです。
正直、びっくりしました。


道を跨ぐ大きな鳥居をくぐった先には、
390tn.jpg



鳥居のデザインの信号機、
DSCF0474_20140125220535054.jpg



巴がデザインされたタイルが敷き詰められ、
DSCF0446_20140125220508d21.jpg



提灯のような街灯。
DSCF0428.jpg



よく見ると、
DSCF0427_2014012522044738d.jpg
提灯型の信号機もあります。



実は日本人によるブラジルへの移民は歴史が古くて、
1908年に800名弱の人たちが
笠戸丸という舟でやってきたのが始まりでした。


当時、ブラジルはコーヒー農園で働く人を探していました。

というのもずっと奴隷として働いていた黒人さんたちが
奴隷制度が禁止になって、農場から去ってしまったからです。


移り住んだ日本人は、奴隷の代わりとして
コーヒー農場で劣悪の環境の中で働きながらも、
品質の改良から他の作物の生産まで行いました。

現在、ブラジルでも普通に売っている
ジャガイモ、レタス、ニンニク、トマトなどは、
全部日本人が持ち込み、ブラジルの国土でも育つように改良した結果です。
DSC00153 (3)
(リベルダージ地区には大根とかも売っています。)


そして現在、

約150万人ともいわれるサンパウロに住む日系人が作り上げてきたエリア、
リベルダージ地区は、南米屈指の日系人街として
多くの人で賑わっていました。


お土産物屋は様々な人種の人で溢れ、
DSCF0438.jpg


ラーメン屋は、
DSCF0403.jpg
お店の外まで順番待ちの人。


少し離れたエリアには、
DSCF0395_20140125220400f5f.jpg
路上駐車の車が列をなしていました。


あの楽天も出店?
DSCF0476_2014012522053540f.jpg
いやいやいや、これは違う。



それにしてもこんな遠く離れた場所に
100年も前に移住をしてきて、
それでも尚、日本的な文化を維持、発信し続ける日系人達には
感服せざるをえません。


確かに、日本のご飯はうまいし、日本語はきれいだし、
日本的な気遣いや、思いやり、道徳心というのは
僕は世界で一番優れた文化だと思っています。


だからといって長い年月を、
周りの環境と完全に同化せずにいる、融合せずにいるというのは
すごいことだと思うんです。

例えば、最近外国人観光客を日本に誘致するために、
WiFiを普及させようとか、英語教育を徹底しようとか、
ビザの敷居を下げようとか、カジノを作ろうかとかいう試みがありますが、
それってどこかずれている気がします。


海外旅行に行く人の目的は何か。


便利な時間を過ごしたいのか?
安く買い物をしたいのか?
賭け事に興じたいのか?


多分、それだけのためにやってくる観光客ってほんの少しです。
個人的には、そんな観光客は来て欲しくないというのもありますが。

恐らく旅行者の一番の目的とは、

「異国」を体験すること。
自分の国では味わえない雰囲気や文化を身をもって味わうことのはずです。


つまり、僕らはもっと自身の文化に誇りを持って、
維持、表現し続けなければ、
日本に興味を持った旅行者がやってくるはずがないし、
それこそが外国人を呼び込む切り口となりうるのです。



日本本国では中途半端で小手先としかいえない手法で、
外国人観光客を誘致しようとしていますが、


サンパウロに住む日系人達は
DSC00107 (3)

堅実に着実に、
DSC00167 (4)

それを見事に実現してみせたのです。
DSC00164 (4)



と、こんな感じで社会派なブログを書いてみました。


最後まで読んで頂いて有難うございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑
こいついいこと言うじゃんと思われた方、
そうでない方もぜひ、お願いします。。

ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?

関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/390-d67f6db1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。