犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  ブラジル »  海外一周年、僕らのこれからは(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

海外一周年、僕らのこれからは(T平)

この記事を書いている今は、
2014年1月27日です。


思い返してみると、
この旅行に出発したのは2013年の1月28日でした。

なんとまあ、気がついたら、
もう1年も旅行をしていたのです。

あっという間ではあったものの、
それなりに辛かったことや、苦しかったこと、
逆に楽しかったことや、感慨深いこともあった一年。

ありがちなフレーズが当たり前に口に出せる。
そんな一年でした。



395tn.jpg

僕らのスタート地点は、
東京駅の居酒屋、笑笑でした。

長距離バスの出発時間を間違えた僕らは、
主役であったはずの壮行会を途中で飛び出し、
しょっぱなからタクシーに大金を払うというスタートを切ったのです。

その後、マレーシア経由でインドネシアのバリに入り、
飛行機とバスでタイまで北上しました。
カンボジア、ベトナム、ミャンマーを回り、
次に向ったのは中央アジアでした。


2_20140130212852965.jpg

思いつきで立ち寄ったのはスリランカ。
思いつきで飛んでいったのはコーカサスの国、グルジア、アルメニア。
そしてトルコを横断した後にヨーロッパに入りました。


3_20140130212858f44.jpg

シェンゲン協定により3ヶ月しか滞在することの出来なかったヨーロッパは、
ひたすら移動を繰り返し、途中でモロッコに抜けつつも、
何とか行きたかった国はほぼ網羅。


4_20140130212900373.jpg

その後、イランを回り、アフリカに行きました。
当初は飛行機をとことん利用して、
行きたい所だけに絞ったアフリカ旅行にする予定でしたが、
いつの間にやら、ほぼ陸路移動。
物価が高いのに、質が伴わないこの大陸は
辛かったけど、充実していました。


5_20140130212857eda.jpg

南アフリカからトルコを経由し、南米大陸、アルゼンチンへ。
ブエノスアイレスに45泊、まさかの長期沈没をした後に、
パラグアイに入りました。




そして今、

僕らはリオデジャネイロの、

コルコバードの丘を登るバスにいました。
DSCF1012.jpg

DSCF1015.jpg


急な坂が続く山道のわりに、揺れの少ない車内。
僕は助手席に座り、これまで、そしてこれからを考えるのです。


標高710メートルのコルコバードの丘。
DSCF1016.jpg

今日、目指すのは頂上にある、
誰もがしっているであろう有名なキリスト像。


分かりやすく、

明確で、

単純なゴールがそこにはあります。



反して、行き場のない僕らの旅行。

ゴールはない、

期間もない、

僕を縛るのは金銭面だけ、

この旅行はいつまで続くのだろうか。


ちょうど先週、
保険代理店への、海外旅行保険延長の手続きも済ましました。

期間は1年です。

1年というのに理由はありません。
もっと早く帰るかもしれないし、更に延長をするかもしれないのです。



山道に入ったバスは、
DSCF1017_201401302130581bb.jpg
左右のカーブに大きくハンドルをひねります。

僕の思考もぐらつき、
旅行の意味、帰ってからすべきこと、
落としどころのない自問自答は右へ左へと揺れていきます。



バスを降りると、
DSCF1026_20140130213111f5c.jpg


段差のある階段をのぼります。
DSCF1027.jpg


一歩一歩確かめるように、踏み出した足。
ふくらはぎ、太ももの筋肉が膨張し、重たい体を持ち上げます。

今日のゴールはすぐそこにあり、
あと数分で到着するはずなのに、
僕には、なぜかそれが現実味を帯びていません。
DSCF1072_2014013021324312f.jpg


それなのに到着はあっけなく。
最後の段差はまだ先がありそうなくらい、手ごたえがありませんでした。



頭上を見上げると、
DSCF1033_201401302131257e6.jpg

リオデジャネイロに住む人の
深い信仰と親しみの対象である像は
十字架を模して手を大きく広げていました。

DSCF1054_20140130213238ba0.jpg

全ての人を受け入れるかのように見えるその姿は、
神秘的であり、クリスチャンではない僕の目にも神々しく映るのです。


像が目を細め、眺めているのは、
大きく広がるリオデジャネイロの町であり、
その先の360度に広がる山々、地平線、水平線です。

DSCF1053.jpg

人にもみくちゃにされながら、
景色を眺めるためのビューポイントの前へと足を進めます。

湿気が汗を呼び、汗が湿度を高める。
肩をぶつける外国人も、同様に体に熱を帯びており、
誰の汗が僕に絡み付いているのか分からない。


泳ぎ終わった後のようなぐしゃぐしゃに濡れた姿で
ようやく握り締めたひんやりとした手すり。

僕は同様に冷たい水滴がついたカメラをにぎり、
ゆっくりと顔をあげるのです。


世界には、
DSC00358 (2)


半透明のモヤがかかっていました。
DSCF1046_20140130213120b16.jpg


雲は鮮やかであったはずの空、

町を照らすはずであったはずの太陽を隠し、

熱せられた水分が、水蒸気となり視界をさえぎります。


目を凝らしても、

カメラのズームを使っても、

そこに何があるかはぼんやりとしか分かりませんでした。

DSCF1055.jpg

DSCF1063_20140130213238671.jpg


出口のない穴に閉じ込められたような
落ち着かない雰囲気の中で、U子が独り言をいいます。


「何があるんだか分からないけど、あそこ、面白そうだね♪」


何気なく口にしたU子のその一言が、
これまでも、これからも僕らの次の行き先を作ります。


丘を降りて、

バスに乗って、

歩いて、

実際に行かなくては何があるか分からない世界があります。


山が、海が、建物が、

人々が、野良犬が、野良猫が、町全体が


モヤに包まれているからこそ、
僕らはもうしばらく旅行を続けようと思うのです。


1年間、お付き合いいただきありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑
僕らにお祝いの一票を送ろう。

ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?

関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/395-944b5f54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。