犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  ボリビア »  《一人行動》ライトアップされるステファニーのお尻(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

《一人行動》ライトアップされるステファニーのお尻(T平)

ポトシといえば、
今も昔も鉱山の町として有名ですが、


なんと、


旅行者も鉱山で働く男性に扮し、
鉱山に入る服装
坑道に入ってしまおうというツアーがあるのです。



僕がポトシに来た目的は実はこれ。

世界で一番高い山の坑道は
空気が薄く、粉塵が散り、
かなり辛いという噂のアクティブすぎるツアー。

ぜひとも体験したいと、
意気揚々と宿のスタッフに申し込んだのです。


因みに風邪気味で、

それでなくてもそんなところゴメンだ!

と言い張るU子は行きません。

久しぶりに僕、一人行動なのです。


目指すは富の山と呼ばれるセロ・リコ(Cerro Rico)。
ポトシの町


・・・なのですが、


まずは旅行者が乗るツーリストバスで10分ほど走り、
鉱山関係者が集う場所でお買い物をすることに。
ポトシの町


ガテン系グッズが売られています。
ガテンショップ
ワークマン的なお店ですね。


それ以外にも、コカの葉や、
コカの葉


アルコール度数96%というとんでもないお酒や、
アルコール度の高いお酒


ワークマンなんてかわいいもん。
ダイナマイトとかも売られていました。
ダイナマイト


僕らはガイドさんに言われるがまま
鉱山で働く男達のお土産に、
ジュースとコカの葉を購入します。



さて、



ここで15分、自由行動にするから市場でも見てきな!

というガイドさん。



でも、ちょっとそういうの困るんです。

今日のツアーなんですけど、
スペイン語チームと、英語チームの2チームがあり、

南米だけあってスペイン語チームは8人もいて人気があるのです。

反面、英語チームは僕、
そしてドイツ人の女性、ステファニーの2人だけ。


そんなんなのに自由行動なんていわれた日には、
ステファニーと市場

こんな感じで、ステファニーと近すぎず、離れすぎず、
微妙な距離感で、散策することになってしまうのです。


肉屋で解体済みの動物とか見つけると、
解体される羊

ステファニーは僕に聞こえるのか聞こえないのかぐらいの声量で、

「オーゥ!」

とか言うのですが

僕も同じくらいの声量で、

「ワーォ!」

とか言わざるおえないのです。


ステ 「オーゥ!」
牛のくちまわり
「ワーォ!」


ステ 「オーゥ!」
脳みそ
「ワーォ!」





なんだか耐え切れなくなり、
別にもよおしてもいないのに、わざわざ1Bs(≒15円)払って
有料トイレに行く僕、あああ先が思いやられる。。。


バスに戻れば他の旅行者もいるので一安心です。
鉱山へはバスで

ステファニーもスペイン語チームに友達がいるのか
楽しそうにしています。


ビューポイントで写真タイムもあり、
見下ろしたポトシ

ステファニーの「オーゥ!」も、
さっきより生き生きした「オーゥ!」になっていました。


僕はというと、
一人でカメラを構えながら小声で「ワーォ!」とか言ってます。
もちろん誰も聞いていません。




えー・・・、


そんなこんなで坑道到着。
鉱山ツアー参加者


向かいには働く男達の宿舎もあります。
鉱山で働く人の宿舎


軽く注意事項などの説明が終わると、
坑道に突入です。
ステファニーと鉱山ツアー

先にスペイン語チームがゾロゾロと入っていき、
10分ほどしたら僕ら英語チームが入ります。


順番は、ガイド、ステファニー、そして最後に僕。


真っ暗闇の中、
ヘルメットにつけられたライトがステファニーを照らし、
ステファニーと鉱山ツアー
僕は必死に彼女の尻を追かけます。


洞窟の中は、狭く、3人のうち一番背の高い僕は
ヘルメットがゴツッと天井にぶつかり、
ぱらぱらと砂が降ってきます。


最初のうちは、ガイドもステファニーも心配して

「アーユーオーケー?」

と振り返ってくれたのですが、
それを何度も繰り返すと、もう無視です、無視。


先に進むと、地面が水浸しになり、
天井からもポトポトと茶色い液体が降ってきます。
ステファニーと鉱山ツアー


側面も湿っているようで、
穴にもぐったり、登ったりするときには
手がドロドロになります。
ポトシの鉱山ツアー


そんなんだから、
僕の前を歩くステファニーの姿は


徐々に、
ステファニーと鉱山ツアー


徐々に、
ステファニーと鉱山ツアー


徐々に、
ポトシの鉱山ツアー


ドロにまみれてきて、
僕のヘッドライトは、薄汚れていく彼女の尻を、
申し訳なさそうに照らし続けます。



休憩中のガテン系登場。
工夫のおっちゃん
お土産のコカの葉とジュースを手渡すと、
にこりともせず、葉っぱをむしゃぼります。


ステファニー。
ポトシの鉱山ツアー

さっきから、ことあるごとに
「クレイジー・・・」と連呼しています。

もはや帰りたいオーラがムンムンで、
ただでさえ空気が薄いのに、息が詰まる気まずさです。


更に進むと、トロッコに岩を詰め込むガテン系登場。
ポトシの鉱山ツアー

ワッシャワッシャとバラバラに砕けた岩を
スコップで持ち上げては、トロッコに放り投げます。


辺りには粉塵が舞い、
僕は予め持ってくるよう指示されていた布を口に当てるのですが、

U子から借りた、ストールがスカスカすぎて、
体に悪そうな粉塵を命一杯吸い込む意味の無さ。


因みに、岩が詰め込まれたトロッコは1トンにもなるそうで、
鉱山で働くおっちゃん
ガテン男はそれを出口に向け押すのですが、


ガイドがあろうことか、

「ヘイ!ジャパニーズ!!プッシュ!プッシュ!!!」

と、僕にも作業を勧めてきます。


これはやらなけらばならない状況。

空気を読めるジャパニーズの僕はガテン男の横に立ち、
トロッコを押してみるも
やっぱりめちゃくちゃ重い。

だけど、最初さえ力を入れれば車輪が動いて
少しの力で先に進むようになります。


なーんだ、楽勝だー。


と、思いながらトロッコを押します。


坑道の先には外の光がありました。

やっと出口です。

僕はトロッコと一緒に本日のゴールを迎えようと、
更に力を込めたところ・・・


ギギギギー!!!!


ん?


トロッコが止まりました。

何かにはまってしまったようで
押しても押してもびくともしません。


え?


僕のせい?


ガテン系の男がごにょごにょしゃべっていますが、
この日本人、やっちまったぜ!とか言っているのでしょうか?


いたたまれなくなった僕は、ガイドの方を振り向くのですが、
何故か真剣な顔をして、
僕の引きつった微笑みに、微笑みで返そうとしません。


ガテン男はいったんトロッコを置くと、
坑道の出口に向かい、仲間を連れてきました。


ガテン仲間は太い木をトロッコと地面に刺し、
てこの原理を使って、持ち上げようとします。
鉱山で働くおっちゃん


僕も責任を感じて彼らの手伝いをしていたのですが、
それまで、背後で「オーゥ!」とかいいながら
僕の後ろ姿の写真を撮っていたステファニーは、


「イトゥルビー、ロングタイム・・・」(これは長くなるわね)


と、呟きながらトロッコの側面をするりと抜け、
坑道の出口へと向い、光の中へと消えていきました。



「ワーォ・・・」



◆ポトシの鉱山ツアーについて◆
英語:80Bs(≒1,200円)、スペイン語:70Bs(≒1,050円)。
上下の服、リュック、長靴、ヘルメット、懐中電灯込み。
お土産代は別途15Bs(≒225円)。
朝の8:30発、13:30頃終了でした。


今日も読んでいただきありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑
このツアー、きつかった。。。

ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?

関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント

がっぶれすゆー

2014-03-27 22:39 | from てっしん

Re: タイトルなし

>てっしん
さんくす!!

2014-03-28 04:14 | from T平

非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/433-0a1879e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。