犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  ボリビア »  食の町の地酒を堪能せよ!(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

食の町の地酒を堪能せよ!(T平)

食の都、コチャバンバ。
コチャバンバの美味しいご飯 

適当に目に入ったご飯屋に行き、
適当に他の人が食べているものを指差して注文し、
口に入れてみると「あれ?これうまいなー」というのが毎食続いていました。


ボリビアという国はあまりおいしいものが無い国というのが、
これまでの僕らの印象。


だから、不思議に思って調べてみたんですけど、


コチャバンバという町はボリビアの中でも、
食べることに関してかなり力を入れているということが分かったのです。


やれ「生きるためではなく、食べるために生きる」だとか。

なにやら「一日に五食を食べる」だとか。

日本でいえば食い倒れの町、大阪のようなところでしょうか。


そもそも、あんなに行きたがっていた中華料理も
初日に1回食べただけ。


街中の安いご飯屋で十分満足してしまうのです。





さてさて、


そんなコチャバンバではあるのですが、
食べ物がおいしいというだけではありません。


そうです。

お酒もおいしいのです。


思い返すと、一昨日は「サカバ」という名称の名前の町に行き
お酒を一滴も飲まずに帰ってきた僕。


でも、今回は違います。


事前準備、下調べをきっちりと行い、
絶妙にうまい地酒を堪能してきたのです。





舞台はコチャバンバ近郊、
バスを乗り継ぎ1時間ほどにある小さな村、
シペシペ(Shipe Shipe)に移ります。
キラコジョ(Quillacollo) 


町の真ん中には、木々が茂る公園があり、
いつからそこにいるのか、何もせずに座っているおじちゃんや
世間話をしているおばちゃんがベンチに座っていました。
シペシペの中心部 


すぐ近くには学校があり、
ちょうど放課後の時間だったのでしょう。
子供達がテーブルサッカーで遊んでいます。
シペシペで遊ぶ子供 


僕らは辺りをぷらつき、
シペシペの路上 

道行くおばちゃん、おじちゃんに尋ねます。

「ヴァラポ(Guarapo)はどこで飲めるの?」

ヴァラポというのは、
ブドウを発酵させて作るワインのようなお酒。


昨夜その存在を知った僕らは、
別にコチャバンバ市内でも飲むことはできるのに、
わざわざこのシペシペという町が、
ヴァラポで有名だというのでやってきたのです。


今日は平日の火曜日。

それもまだまだ昼間。


もしかしたらヴァラポを見つけるのは時間がかかるかなと、
そこそこ苦戦することを予想していたのですが、


さすがはヴァラポの町、
あっけなく、すんなりと見つかりました。

ヴァラポ(Guarapo)屋の看板 
GUARAPO POR MAYOR Y MENORの看板。
(ヴァラポの小売、卸売り承ります。)


さっそく中に入って注文しようと思います。


僕「おばちゃん、ヴァラポいくら?」


おば「大きいの? 小さいの?」


サイズが2種類あるようです。

念のため、不味かったことを考えてみました。


僕「じゃあ小さいのおくれー」


値段は想像していたより少し高め、10Bs(≒150円)です。


お金を払い、席に座って待っていると・・・。


どーん!
ヴァラポ 

と、2Lくらいありそうな
でっかいピッチャーが登場したのです。
仮に大きいのを頼んでいたらどんなんがきたのか気になります。


コップは椰子の実を半分に割ったもの。
一度注ぐと、空にするまでテーブルに置くことはできないやつです。


さっそく飲んでみます。
ヴァラポ(Guarapo) 


うまい!!!!


ワインのような渋みやコクはありません。
口に含んだ瞬間、どちらかというとジュースのような甘みが
ふわっと広がります。


だけど、その後に野性っぽい、手作りっぽいアク。
ブドウ独自の風味が鼻に入ってきます。


アルコールはそれほど強くなく、
ジュース感覚で飲めます。


つまみに8円くらいのお菓子を買ってきました。
ボリビアの安いお菓子 


余興でもさせようと、猫を持ってきました。
仔猫 


このお店の子でしょうか。
誰もいない食堂で平日の昼間から飲んだくれては
猫をなでなでする僕を、小さな二人が眺めていました。
ヴァラポ(Guarapo)屋の子供たち 


目が合うと大きい女の子が
小さな男の子を諭し、去っていきました。
ヴァラポ(Guarapo)屋の子供たち 


弱い酒でも、大量に飲むと体が熱くなってくるもの。
僕は、酔っ払いながら猫と遊び、
ネコパンチ 


ピッチャーが空になると、
ふらふらと帰りのバスに乗り込むのです。
シペシペに向かうバス 

あー、帰れるかなー。。。。




なんか酔っ払ってしまい、
今日の記事は短くなっちゃいましたが、

明日は移動です。
シペシペと並ぶボリビア2大かわいい名前の町(僕の中で)に行く予定です。


◆シペシペ(Shipe Shipe)への行きかた◆
コチャバンバのAv.Heroinasと、Tumuslaの交差点辺りから
キラコジョ(Quillacollo)まで行きのバス(30分、2.4Bs)に乗り、
そこからシペシペ(Shipe Shipe)行きのバス(30分、2.4Bs)に乗ると着きます。


今日も読んでいただきありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑
ぺぺぺっとお願いします。

ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?

関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/441-ea753c64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。