犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  ボリビア »  ピンクの○○を追え・・・ない。(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

ピンクの○○を追え・・・ない。(T平)

アマゾンの朝は気持ちがいい。
アマゾン 朝


日中のような気がめいるような暑さも無く、
不快な蚊も襲ってこない。


昨夜はあんなにいたイスラエル人はまだまだ寝ているようで、
宿をふらついているのは数名のスタッフと僕らしかいません。


ワニもちょっかいを出してくる人のいない短く貴重な時間を、
プカプカと川に浮びリラックスしているようで、
アマゾン ワニ


テーブルにはこれまで見たことのない、
アマゾンっぽい柄の蝶がとまっていました。
珍しい 蝶 




ツアー最終日。


この日、僕らがやることは一つしかありません。


これ。
ピンクイルカ



なんだかわかるでしょうか?

実は・・・、


イルカなんです。

なんとアマゾン川にはイルカが住んでいるのです。


その名はそのまんま、アマゾンカワイルカ。

でも、ピンクイルカと呼ぶほうが一般的なようです。


ボートでピンクイルカのいるエリアに行くと、
水面から覗く珍しい姿に、
観光客はキャーキャーと嬉しそうな悲鳴が聞こえてきます。


Tシャツを脱いだイスラエル人は
次々とピンクイルカを追いかけ川に飛び込みます。


僕もせっかくだからと川に入ってみるのですが、
思いの他、底が深すぎてボートから離れることができず・・・。
アマゾン 泳ぐ 
泳げないということは、
ピンクイルカも追いかけられないというわけで、

ひたすらボートのへりにしがみつき、
ただただアマゾンの生ぬるく泥臭い水を堪能するのみ。


そもそもピンクイルカってそんなにかわいくないし。。と、
自分で自分に言い訳をしてみたりするのです。


ほーらほら、こんなにブッサイク!
ピンクイルカ
(出典:http://humsms.com/)

この写真を探しているときに知ったのですが、
ピンクイルカのち○こは人間のち○こにそっくりなんだそう。
へぇー。



そしてついに帰る時間がやってきました。
アマゾン クルージング


U子は深い帽子にサングラス。
パッと見はお忍びセレブ旅行なのですが、
乗っているのは少しずつ水が浸水してくるぼっちい木のボート。
アマゾン クルージング



来た時と同じように木々の緑の間を疾走し、
時々、細い水路を通ると、
ペシペシと細い枝が腕や頭にぶつかります。
アマゾン クルージング



船着き場に戻ると、
自動車に乗り換えます。


再び砂っぽい道を通るのか・・・。

その上、これまでのボート移動と同じように、
大嫌いなイスラエル人メンバーとルレナバケまで戻るのか・・・。


そう思うと気分は晴れなかったのですが、

多めにチップをあげたボートの運転手兼ガイドのディエゴが
気を使ってくれたのでしょうか。


僕らは二泊三日一緒だったツアーメンバーと離れ、
何故かエアコン付きのキレイな乗用車に乗ることができたのです。
エアコンつき


連日の晴れた天気のせいか、
窓の外は、来た時よりも壮絶な、
ありえないほどの大量の砂が舞い上がります。


それが運転手の視界を奪い、
時たまアクセルを踏む足を止めては
クラクションで辺りの安全を確認します。


反面、外がどれほど荒れていようが、
窓さえぴっちり閉まっていれば、
車内にはクーラーの口からキレイで涼しい空気が流れています。


僕は窓の向こうの地獄絵図のような景色を、
いい気持ちで眺めていたら、

一台の使い込まれてボロボロになった自動車を目にしました。


何かしらトラブルがあったのか、
その自動車は停まっており、ボンネットを開けています。


良く目を凝らしてみると、
乗客は、僕らと二泊三日を共に過ごしたイスラエル人。
砂埃 乾いた道 

もしかしたら僕は人生ではじめて

「ほくそ笑む」

という笑い方をしたかもしれません。



ルレナバケに着いたのは夕方5時。
ルレナバケ




長時間移動をして、

とことん蚊やダニに刺されて、

暑くて寝付けない二晩を過ごして、

にもかかわらずそれほど多くの種類の動物は見ることもできなかった。


それでも、アマゾンに行って良かった、
雨季というシーズンを選んで良かったと思う不思議。

長い旅行の中、こんなに心が動いたのは久しぶりなのです。


生きていくうえで辛い経験はできる限りしたくない。
だけど、自然というのは本来厳しいもの。


その厳しさに順応するために、
生活手段としての技術の発達や知識の蓄えがあり、
今の僕らの生活があるのです。


雨季のアマゾンの不便さや不快さは、
辛くとも心地よい、僕にとってそんな二泊三日だったようです。


今日も読んでいただきありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑
アマゾン、大変だったよ・・・。

ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?

関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/459-7ac37ebd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。