犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  ペルー »  日本人としてこれが温泉だなんて認めない(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

日本人としてこれが温泉だなんて認めない(T平)

アレキパ郊外に温泉があるらしい。

といった噂が、どこからか、風にのって聞こえてまいりました。



先日参加した、コルカ渓谷ツアーでも
温泉には入ったのですが、(→その時の記事)


とある事情により、
ちょっと不完全燃焼気味なのです。



その事情とは、高山病のこと。


高度が高く、酸素の薄い場所にいると、
低酸素状態が続き、体調を崩してしまう病気です。


特に、高地で温泉なんてもってのほかで、


長時間体を温めていると、血液の巡りが良くなり、
高山病のリスクが高まってしまうというのです。


コルカ渓谷ツアーの温泉はチバイという町にあり、
標高は3,660m。


温泉に入らずとも、
高山病を気にしなければならない高度です。


ところがここアレキパは標高2,300m。


よっぽどのことがない限り、
高山病になんてなりゃしない。


こうして僕らは、どっぷり長時間温泉に浸かろうと、
一台のミニバスを停め乗り込んだのです。


が、



狭い・・・。
ユーラ行きのバス

というか低い・・・。


左右の座席はおばちゃんやおじちゃんが座り、
行き先は同じ温泉なのか、いっこうに立ち上がろうとしない。


この姿勢で45分・・・。


僕の首も限界に近づいたころ、
温泉のある町、ユーラ(YURA)に到着しました。




ミニバスは、乗っていればそのまま温泉街にまで行くらしい。

でも、

せっかく違う町にやってきた。

どんな雰囲気の町なのか、
辺りを散策しようと思い、中心部あたりで下車したのですが、


このユーラという町。
ユーラ 街並み


何もありません。


人もほとんどおらず、商店が数件。
遠くの方にコンクリート工場が見えるだけ・・・。


あー、降りなきゃ良かったー。


後悔しながら、
長いこと傾けていた首をさすりながら、


さっきまで僕らを乗せたミニバスが走っていた方向、
温泉街に向かって歩くのです。




道中は、ロバがいたり、
ロバ
(決して目を合わせようとしない、恥ずかしがり屋。)



景色の良いところで写真を撮ったり、
ユーラ 景色
(左はチャチャニ山、右はミスティ山といいます。)



二股に道が分かれているところで
わざわざ車を停めて道を訊いたり、
車
(僕ら以外、歩いている人は皆無なもんで、ご迷惑おかけしました。)




なんとかかんとか温泉街っぽいところにたどり着きました。
ユーラ



商店でジュースを飲みながら一服し、
店主のおじさんに、ユーラでお勧めの温泉施設を訪ね、


教えられた通り、僕らは高級そうなホテルの横道を入っていきました。
ユーラ 温泉




温泉到着。
ユーラ 温泉

料金は一人5S(≒200円)。


ペルーの物価を考えると、安くはありませんが、
念願の温泉。
たいした金額ではありません。


受付のお姉さんにお金を払い、
チケットを受け取ります。


念願の温泉タイムだー!



早速、中に入ろうとする僕らを
受付のお姉さんは呼び止めました。


「あんた達、帽子持ってるの???」




・・・!?


最初、何言っているのか分からなかったのですが、

どうやらこの温泉施設は帽子を着用しなければならないらしいのです。




スイミング帽(笑)
水泳帽子


温泉で帽子をかぶらなきゃならない不思議。


それだけじゃない、
31歳にもなってこの手の帽子をかぶる恥ずかしさも感じつつも。


もうどうにでもなれと、
レンタル料の2S(≒80円)を追加で払ったのです。


今思えば、この時からちょっと嫌な予感はしていました。

本当にここは温泉なのかと、ちょっと疑っていました。


辺りに漂うアンモニア臭がなければ
疑っていながらも、強気ではいられなかったでしょう。


そして僕らは更衣室で水着に着替え、
温泉に向かうのです。






温泉!?
プール


プールじゃん(笑)



水泳帽をかぶった家族連れが水を掛け合い、

やんちゃな年頃の少年が、勢い良く飛び込み、

おっちゃんはクロールで端から端まで泳いでいました。


もうプール以外何者でもありません。



アンモニア臭の出所も、
温泉の香りなのか、小さい子供が粗相してしまったからかもしれません。

判断ができないのです。


いやいや、見た感じがプールであっても、
温まることができればそれでいい。



そう思って入ってみるものの。
プール


・・・冷たい。



だからこれ、プールじゃん(笑)


冷水ではない。

だけど30℃くらい、温水プールくらいの温度でしかなく、
浸かれば浸かるほど体温が持ってかれます。



僕らはここに何しにきたのか・・・。


10分後、体中に鳥肌をたてながら洋服に着替え、
アレキパまで来た道を帰るのでした。


◆ユーラ(YURA)の行きかた◆
Av.Ejercitoから北東の方向にユーラ行きのバスが走っていました。
2S(≒80円)、45分。


世界一周ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑
子供達、またご両親の方々、こどもの日おめでとうございます。

ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?



関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント

No title

この温泉マエストロるーさんも、
ブログを見る限り、
そこを温泉とは認めません。(*_*)

2014-05-05 01:51 | from るーさん

Re: No title

>マエストロるーさん
お久!!
ペルーの温泉はプールの意。
マエストロも注意して!

2014-05-05 10:12 | from T平

No title

日本でも、源泉で25度以上または温泉の成分が1つでも
入っていたら「温泉」ってことらしいですよ。
30度もあれば立派に温泉です(笑)

※成分が入っていれば「1度以上」で「温泉」なん
ですって。

2014-05-06 17:24 | from すが子

Re: No title

>すが子さん
コメントどうもありがとうございます。
温泉の基準、ゆるすぎますね。

温泉の温泉たる温泉らしさが揺らいでしまいます。
日本を中心に世界温泉協会(IOA)とか作って欲しいです笑

2014-05-09 04:16 | from T平

非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/472-18d696e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。