犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  ペルー »  それは何億年も昔の味(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

それは何億年も昔の味(T平)

マラス(Maras)という町から歩き、

1時間半ほどかけ、辿り着いた先にあったもの。


これ。
マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS


少しズームにしてみると・・・。


こんな感じ。
マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS


これは塩田です。


スペイン語ではSalineras(サリネーラス)という塩の田んぼ。

このマラスの塩田は、僕がずっとずっと来たかった場所なのです。



はやる気持ちを抑えつつ、
でこぼこした地面に足を取られつつ、
入り口の方へ早足で向かいます。
マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS



入り口には数件、お土産屋が並び、
ここで採れた塩を販売しています。


その脇では係のおばちゃんが、
観光客のチケットをチェックしていました。
マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS

入場料は7S(≒280円)です。


別に中に入らなくても塩田を見ることはできる。

それだけじゃない。

抜け道からこっそり入ってしまうこともできるのです。

だけど、ここの入場料は、
塩田の持ち主達に分配される大切な収入源です。



僕らはおばちゃんにチケット代を払うと、
お土産屋の脇を抜け高台に。



太陽光をキラキラと反射させている塩田を眺めます。
マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS


今は雨季の終わり、乾季の始まり。

これから徐々に茶色い水の表面に塩が張り、
あたり一面は白い景色へ変わってくるんだそうです。



高台から降りた僕らは、
塩田の上にある細い道を歩きます。
マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS



マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS



水路の脇には、土から噴出した塩が固まっています。

手にとって舐めると、ふわっとしたしょっぱさ。
日本の電気分解で作られた、ピリッとくる塩とは全く違う味です。
マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS



ずっと続く塩田はなんと3,000枚以上。
マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS



それぞれを満たしているのは、何億年も昔の海水です。


昔々、大規模な地殻変動がおき、
この場所にアンデス山脈が作られたころに閉じ込められた海水が
マグマで温められ、温泉となって噴出したものです。

マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS



それだけではありません。


噴出した太古の海水は、
600年もの間、遠い遠いインカ帝国の時代から、

全く同じ方法で作業され、塩に変わっているのです。

マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS




塩の混じった土で、塩田は四角に囲われ、
天日に晒すことで、表面の塩は結晶化していきます。

マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS

もう少しすれば、板を使って結晶をかき寄せ収穫することができます。



もちろん、こんな面倒なことをする必要はないのです。

現代の技術を使えば、
もっと簡単に塩が作れるのですが、

400年続く伝統は、効率化には屈しないのです。

マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS



マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS





さてさて、

1kmほど続く塩田を長めながら歩いていた僕ら。

入り口の反対側から抜けると、山道に出ました。
マラス 塩田 LAS SALINERAS DE MARAS



集落のようなところへたどり着くと、

遊んでいる子供達に道を訊ね、更に奥へと進んでいきます。
マラス 帰り道



川を渡り、
マラス 帰り道



民家の脇を通り過ぎ、
マラス 帰り道



1時間後にやっと自動車の通る大通りに出ました。
マラス 帰り道



ここでちょうど、クスコへと向かう相乗りタクシーが通り、
僕らの長い長い、何億年もの歴史を感じる散歩が終わったのです。

マラス 帰り道






その日の夜。


マラスの塩田を、見るだけじゃ満足できない僕ら。

抜け目なくお土産物屋で塩を買っておきました。
マラスの塩



まず左のまじりっけ無しのマラスの塩で、
ウリの浅漬け。
マラスの塩 浅漬け


味の素や鰹節、唐辛子などは入っていなくても、
単純に塩だけで旨い。

ウリのふわっとした甘みが引き立つ一品。



右のマラスの塩はニンニク&ピカンテ(唐辛子)入り。

共に中南米原産のトマトやアボカドにかけてみました。
マラスの塩 トマト


マラスの塩 アボカド


これだけで贅沢なサラダ。

特にトマトは旨味がひき出て最高にうまい。




しかしながら、残念なことが一点。

歴史と自然と人の手の最高傑作であるマラスの塩は
現在、外国の安い塩に市場をとられ、在庫だらけのようなのです。


ネット通販でも売っているようなので、
料理好きな方はぜひ、買ってみて下さい。

楽天で安く売っていました。

500円。


270円。

※共にアフィリエイトです。


世界一周ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑
明日はアルパカ祭り。

ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?



関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/476-68f00fcb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。