犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  メキシコ »  二度と乗らん!悪夢のアメリカン航空(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

二度と乗らん!悪夢のアメリカン航空(T平)

ついにニューヨークを出発します。
ニューヨーク 空港


短いようで長い滞在。

これまで一番密度の濃い観光。

ひたすら歩き過ぎて膝の軟骨がキシキシと悲鳴をあげています。


そして何より、

眠い!!!!



それもそのはずで、
今朝、起きたのは夜中の3時。


睡眠時間がほぼゼロなんです。



僕らの乗る飛行機が飛び立つのは9時なんですが、
ゆったりと出発するわけにはいきません。


ニューヨークは地下鉄が24時間営業です。

でも、深夜や早朝は本数が少ないので、
かな~り早めに出発しなければなりません。


真っ暗なハーレム地区を半分駆け足で地下鉄乗り場へ向かいました。

プラットフォームでは何十分も空港方面行きの電車を待ちました。

朝の3時に起きたはずなのに、
空港に着いたのは4時間半後の7時半になっていて、
急いでチェックインカウンターに向かいました。


そこにあったのは、
よくある荷物預けを兼ねたスタッフのいるカウンターではなく
タッチパネルディスプレイが付いた無人のカウンター。


僕にとって現地で自らチェックインするのは初めての経験です。

日本語に設定ができたので、
試しにポチポチと予約番号を打ち込んでいると、


ん?


と、自分の目を疑うような文字が表示されました。


預け荷物代$25を払ってくださいと。


へ????


僕らの乗る飛行機はアメリカン航空。

その名の通り、日本航空やタイ航空やカタール航空レベルの国を代表するキャリア、
預け荷物も無料で、サービスの行き届いたキャリアと思っていたんですけど、


全くの勘違いだったようです。


そもそもキチンと確認しなかった僕のミスであることに変わりはないし、
払わないわけにはいかない。

泣く泣くその場でクレジットカードで決済をしたのです。


他の乗客もシット!!と呟きながらスタッフを呼びつけていました。





さて、無駄な出費はあったものの
無事に出発ゲートに着いた僕ら。


手すりのついた長椅子に座り、
飛行機の乗り込み時間を待ちます。


ところが、ここでまたトラブルが起きます。

飛行機の機体チェックが長引いているようで
出発が4時間半ほど遅れてしまいます、とアナウンスが。


飛行機が遅れることはそれほど珍しいことではありませんが、
朝の3時に起きた僕ら、必死にここまでやってきた僕らとしては、
どうにもこうにも納得がいかないわけです。


更に、今回のフライトは乗り継ぎ便。

マイアミで乗り換えなければならないので、
その便を調整してもらう必要があります。


だから僕らはアメリカン航空の窓口に行って、
おいおいどうなるんだ?と訊いてみたのですが、


彼らは自らに非があるにも関わらず、
一言も謝罪の言葉もなく冷たくあしらうのです。


「あっちで電話しろ!」と。


ゲートから5分ほど歩くと、
電話ボックスが4つほど並んでいて、

そこに僕らのように乗り継ぎが必要なお客さんが
受話器を片手にゴニョゴニョと電話していました。


僕も彼らにならい、受話器を上げて電話します。


少々お待ちくださいの自動音声メッセージはやけに長く、
イライラが溜まってきたころに担当の人が電話口に出ました。


結果、乗り継ぎ便も後続の飛行機に変えてもらえたのですが、
そういうのって自分でやらなきゃならんのか?


英語に不慣れな旅行者だったら
えらい大変な作業なんじゃないのか?



でも、


$12のお食事券がもらえたので良しとしましょう。
ニューヨーク 空港

飛行機遅延のときのこれは、実はちょっと嬉しい。


僕はフードコートの前で計算に計算を重ねました。
$12の限界まで使おうと頭をフル回転させました。


ニューヨークの消費税、8.875%というのがややこしいのですが、
ニューヨーク 空港 食堂

これで、$11.80。
ギリギリお食事券内の金額で食事をゲット。


因みにU子はというと。
ニューヨーク 空港 食堂

全く計算せずに、$11.98。
やるなぁ~と、少しだけ自分の嫁を見直すのです。




飛行機が出発したのは13時半のことです。



機内では誰一人遅れたことを謝罪しません。

そういうのがアメリカの文化なのでしょうか。
謝ったら莫大な賠償金を請求されると思っているんでしょうか。

桜の木を折って正直に謝ったら逆に褒められたって噂のあるワシントンさんが
初代大統領だった国とは思えません。

狭い席と席の間を太ったおばちゃんがカートを押して歩き、
無愛想にジュースのみを配っていました。



16時半、マイアミ到着。
アメリカンエア



振り替えの便は19時半発なので、
ベンチに座ってだらだらと時間を潰します。

朝の$12お食事券から何も口にしていない僕ら。

売店で切れ目だけ入っているのに、中に何も挟まれていないベーグルを買い、
モゴモゴと口に詰め込んで空腹を和らげます。



マイアミからの飛行機も少し遅れて20時に出発。

最終目的地、メキシコのカンクンに着いたのは21時のことです。


更にそこから長いイミグレーションの列に並び、
空港の外に出たのは22時。
カンクン 空港

本当は明るいうちに到着する予定でした・・・。


踏んだり蹴ったりは続くもの。

空港から予約していた宿までは、
ローカルバスを乗り継いでいこうと思っていたのに、
飛行機が遅れたせいで、そんなもの走っていません。


仕方なくアホみたいに高い、
空港シャトルバスなるものに申し込みます。


町の中心部にあるバスターミナルまで一人$17。

ここで出し渋っても仕方がないのです。


快適なシャトルバスでバスターミナルに着くと露店でホットドッグを食べ、
コンビニで飲み物を買った後、

タクシーに乗って30分。

やっと宿の入り口にたどり着いたのです。


これでやっと落ち着ける。

と、ホッとしたのは束の間。

まだまだ悪夢は終わりません。




・・・ドアが開いていない(涙)


呼び出しボタンはなく、
仕方なしにドアをぽかぽかと叩きます。

すると、宿泊者らしい白人さんが現れました。


「ごめんよ。
 ここに宿の人はいないから、
 勝手に泊まらせてあげられないよ・・・。」




マジか・・・。


宿の人と連絡をとろうと、
近くにあった公衆電話に向かって歩きます。

使い方が分からないので、
歩いていたメキシコ人に教えてもらいながらコインを入れます。


誰も出ない・・・。


ダラダラと汗をかきながら、
何度もコインを入れてもつながらない。

しばらく待つと留守番電話のようなものにつながり、
ひっきりなしに小銭だけが減っていきます。


なんとなしにiPodに入れておいたホテルの予約確認書を見てみると、
チェックイン時間は20時まで。


え、、、もう、4時間もオーバーしてるじゃん。


中心部から7キロ。

観光客なんて誰一人歩いていない住宅街のど真ん中で、
僕らは途方にくれたのでした。
カンクン 深夜




もちろん中心部まで戻れば宿泊施設はあるだろうけれど、
どこに安宿があるのかが分からない。


恐らく高級ホテルは山ほどあるけれど、
安い宿となるとそれほど多くはないはずです。


僕らが加入している海外旅行保険に、
飛行機が遅延した時の保障もあります。

でもそれは遅延が6時間以上の場合に限られてしまうのです。

今回の遅延は5時間半、ギリギリ足りない。



泣きついたのは偶然通りがかったタクシーの運転手です。

とにかく安いホテル、
この時間でも営業しているホテルにつれてってくれ
と、
唾を飛ばしながらお願いするのです。




25時。

僕らはやっと今晩の寝床に到着したのでした。
カンクン 安宿

現地人用の安宿は室内に湿気が滞り、
シャワールームは錆びだらけ。

でも文句なんて言えるわけがない。


泊まらないホテルに一泊分の料金を払ってしまった身。

ここに来るまで、無駄に高い交通費を払ってしまった身。

限界まで安い宿に泊まらなければならんのです。


蟻の歩くシーツに座り、
ぬるくなったビールの蓋を開けたら喉に流し込みます。
メキシコ ビール

アルコールが体中に染みわたりました。


世界一周ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑


ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?



関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント

米国では別にアメリカンに限らずよくありすぎるので、ANAで日本に帰任した時は、客に媚びすぎて嫌悪感を覚えた記憶が…。
アメリカンの回し者では無いですが、米国なんてそんな国です。

2014-07-20 19:02 | from -

Re: タイトルなし

>名無し様
ご指摘有難うございます。
アメリカン航空=ダメ航空会社、という認識になってしまっていました。

とはいえ、米国人と日本人の考え方に相違があるのは仕方がないのですが、
米国旅行が素晴らしかった反面、残念な気持ちは持たざるをえません。

2014-07-22 11:23 | from T平

非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/548-f7b2f908

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。