犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  メキシコ »  この釣り方が夢だった(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

この釣り方が夢だった(T平)

オールインクルーシブを終えた僕ら、

もうカンクンに用はねぇ!と、
いきり立ちながらプラヤ・デル・カルメンという町に移動してきたのです。


カンクンから1時間、ここもまたリゾートのようです。
プラヤ・デル・カルメン

なんだか浮かれたところです。


水着の上にTシャツを着たお姉さんや、
サングラスをギラギラさせたお兄さんが、
肌を焼きながら道を歩いています。


ビーチリゾートが大好きな僕らなのですが、
この手の白人バックパッカーの聖地的な町、
わいわいがやがやとうるさい町は少し苦手。


レゲェを大音量で流すお土産屋の前を少し早歩きで通り過ぎ、
今日の目的地、がやがやしていないコスメル島へ行くフェリー乗り場を探します。


そういえば、ここに来るまでのバスの中でズボンが破けてしまいました。
ズボンに穴

少し恥ずかしいのですが、これが身分相応なのでしょう。
昨日までの極楽生活は幻だったのです。



フェリー乗り場にはすぐに到着しました。
プラヤ・デル・カルメン

わらわらわらわらと人が密集し、
ただでさえ暑いのに、人体が放つ熱と水分で、
湿度がえらいことになっています。


30分ほど待つと、鮮やかな色のフェリーがやって来ました。
プラヤ・デル・カルメン


我先にと乗り込んだ乗客は、日の当たる席へ。
のそのそと乗り込んだ僕らは、日の当たらない席へ座ります。


海がめちゃくちゃキレイ!
プラヤ・デル・カルメン

空が青いから海も青いというわけではありません。
この色は、海底も真っ白な砂や珊瑚で覆われていなければ出ない色です。


フェリーは真っ青な海を直進し、
切れない包丁でカリブ海を割るように、上下に揺れながら走ります。


45分後、
コスメル島に着きました。
コスメル島

少し曇っています。


再び我先にとフェリーを降りる人たちの後から
やっぱりだらだらと陸地に上がった僕らは、


ペリカンを横目に目当ての宿を目指します。
コスメル島





汗をダラダラ垂らしながら歩いて来ました。
思ってたより遠かったです。
コスメル島 安宿

日本人宿、カサ・コスメレーニャ。
ここがコスメル島を遊びつくすための拠点となります。


ではでは、


行きましょうか!!!

まずはこれをしないわけにはいきません。

宿でグッズをレンタルし、ひたひたと徒歩3分。

お高そうなホテルの入り口を、
挨拶をしながらするっとすり抜ければ、
シュノーケリング 釣り



シュノーケリングポイントに到着!
シュノーケリング 釣り


さあさあ、
海の中を見学しようではありませんか。

ザッバーンと飛び込んでみましょう。


おお、
シュノーケリング 釣り



おおお、
シュノーケリング 釣り



ぬおおおお~!!!
シュノーケリング 釣り


こ、これは・・・

お魚天国!!!!
※防水カバーをつけているので少し見づらい写真になっています。


なんだこれ?

これまでなんどかシュノーケリングはしてきたけど、
ここまで魚だらけなのは初めてです。

水中でパンをちぎって投げてみれば、
気持ち悪くなるほど寄ってきます。

まるで魚の隙間にかろうじて水が流れているような、
ありえない光景になります。


つまりこういう時は、
こんな釣り方がよろしいのでしょうか?
シュノーケリング 釣り


釣り糸を指に縛り付けて、
もぐりながら直接魚を釣ってやろう作戦です。


昔、ガレッジセールのゴリさんが、
シュノーケリングをしながら釣りをしていると聞いて、
一度でいいからそんな釣りがしたいと、ずっと考えていたのです。


普段、見ることの出来ない釣り糸の向こう側。

僕の仕掛けに魚が興味を持つ瞬間。

食いつく瞬間を目の前で見ることが出来る釣りなんて、
この方法以外無いでしょう。


痛てっ、


痛ててててっ!!


すぐに魚がかかって
僕の指が千切れんばかりに引っ張ります。

糸が細すぎたのか手繰り寄せる手も痛い。


でも開始1分で・・・。


トロピカルな魚をゲットしました。


全く美味しそうじゃないけど、
この入れ食い状態はかなり嬉しいです。


あれ?
シュノーケリング 釣り

す、水滴・・・。


いやいや、

そんなことではへこたれません。

なんたって魚は腐るほどいる。

釣り糸をだらりと垂らせば、
うわーーーっと集まってきては、すぐに釣れてしまうのです。


ほらほら・・・。
シュノーケリング 釣り

ぎゃ、逆光・・・。




その後も飽きることなく、
泳ぎ、釣り、海の中の世界に夢中になる僕ら。

ずっと浮かんででいられる。

ずっと釣り糸を垂らしていられる。


波も穏やかで、
海の中は水族館の中に紛れ込んだように
透明な水の中をさらさらと魚がひれを動かす。


もちろん、ライフジャケットは装着していますが、
あまり泳ぐことが得意ではない僕が、
2時間ほどプカプカと浮いてられた海なんて、ここが初めてです。


◆コスメル島の宿◆
カサ・コスメレーニャ
Wベッドのドミトリー2名利用:340ペソ(≒2,700円)
WiFi、キッチン(使いやすい!)、扇風機有り。
朝食、フリーコーヒー、フリー飲料水もあります。
毎日掃除をしているので、すごくキレイでした。

↓人気宿の為、予約必須です。
http://www.geocities.jp/casacozumelena/

世界一周ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑


ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?



関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/550-d815ff59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。