犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  中国 »  中国人vs崖崩れ(U子)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

中国人vs崖崩れ(U子)

さてさて、ナルンガルゴンパを見た私達は、
香格里拉(シャングリラ)って町を目指します。

今いる色达からの直通バスなんてものはないので、


色达(セルタ)

甘孜(ガンズー)

理塘(リータン)

乡城(シィャンチェン)

香格里拉(シャングリラ)


というルートで刻み刻み、
向かわなくてはならないのですが。。。
tizu_20140910102409625.jpg 


この、移動&移動&移動&移動の日々が大変でした(。´ω`)


ひとつひとつの町でゆっくりできればいいのですが、
何せ中国はビザ無しで滞在できる期間、
15日以内で出国しようと考えています。

だから、


せっかく辿り着いた町々で一泊しかせず、
弾丸移動をしなければ~Σ(´Д`lll)エエ!!


・・・だったんです。



ではでは、

移動の日々を綴りたいと思います。


まず、
色达から甘孜。


バスターミナルからではなく、
大きなホテル前の広場からミニバスが出ていました。
東チベット 移動



広い草原を延々と走ります。


たまに立派なお寺のようなものがあったり、
東チベット 移動



チベットにしかいない家畜、ヤクを眺めたり、
東チベット 移動
(毛の長い牛みたいなの)



山をぐいぐい上がって見晴らしが良かったり。
東チベット 移動



車窓から見る景色は、素晴らしいもので、飽きません。



ですがね。。。


最初のこの移動がですね、


一番きつかったんです(つд⊂)



南米とかアフリカとかでいろんな過酷な道を経験したにも
かかわらず、です。


あ、車が三菱じゃなくて五菱だからじゃないですよ。
東チベット 移動



とことん、悪路すぎました。


延々にガタガタ道。


・・・いや、グワッタングワッタン道です。


道路が陥没してるんですよね。


しかも穴が大きい箇所もたくさんあって、
何分かに一回はお尻が跳ね上がって天井に頭をぶつけます。


乗っている間、ずっと頭痛。


でも揺れる。


頭痛いのに、ずーっとヘッドバンキングしてる感じですよ(;゚Д゚)


まさに地獄!!!(TДT;)



今日のおやつ。
東チベット 移動


きゅうり味のポテトチップス。(揺れてブレブレです)

おい、嘘だろ?(*゚Д゚)

とお思いでしょうが、これ意外とおいしかったんです。

ひどい揺れの中、舌を噛まないように食べるのに必死でしたが、
少し癒されたのでした。


途中、小休憩があったんです。
東チベット 移動


小川が流れていたのですが、乗客の一人のおばちゃんに、

「聖なる水だから、手と顔を洗いなさい。」

みたいなジェスチャーをされたのです。

周りを見ると、他のお客さんも洗っています。


なので、ようし私も!と思って小川に近づいたら。。


牛のうんちを踏みました。。。Σ(゚д゚lll)


そして私は靴を小川で洗ったのでした。。


車に戻って、頭をぶつけながら、
うんち臭くないかドキドキしているうちに、
夕方にやっと甘致に到着です!
東チベット 移動



今日の宿はここ。
東チベット 移動



朝からきゅうりチップスしか食べていなかったので、
まずは腹ごしらえ。
東チベット 移動

麻婆豆腐に牛肉麺。


牛肉麺は半分こして、白いご飯も食べよう♪と思っていたら
なぜか2つ出てきてしまい(*゚Д゚)

麻婆豆腐をおかずに牛肉麺を食べるという、
なんとも贅沢で、なんとも濃いぃぃ食べ方をしたのでした。


お腹を満たした後は、ちょこっとだけ町歩き。



これは。。生き物博打屋さん?
東チベット 移動

ルーレット形式で、止まった場所の景品をあげていました。

目玉は亀とウサギです(・ω・ノ)ノ



甘致にはチベット仏教の立派なお寺があります。
東チベット 移動

甘致寺というそうです。



疲れていなければ登りたかったのですが、
過酷な車移動だったため、遠くから拝んだのみで終了です。
東チベット 移動



さー、明日も移動だー c(`Д´c)






・・・おはようございます!


今日も頑張るために、朝ご飯をいただきましょう。
東チベット 移動

何やらこのミニ肉まんとおかゆのセットが
ここらへんの一般的な朝ご飯みたいです。
全体的に味が薄いです。


理塘行きのバスは、この黄色い建物の奥の中庭から出ていました。
東チベット 移動

10:00出発です。


この道中はというとですね。。


崖崩れとの戦いでしたヾ( ゚Д゚)ゞ
DSCF0146.jpg



がけ崩れで車がストップしてはブルドーザー待ち。
の繰り返しです。。
東チベット 移動
(川に岩をダーって捨ててます)



この後も何回も車が停まって、

崖崩れが当たり前、

もはや「あぁまたか~」なんて慣れてきた頃です。



またまた、崖崩れ。
東チベット 移動

私達の車は大分先頭の方なので、
多分出来立てほやほや。

しかも町から結構離れているので
ブルドーザーとかいつくるのかわかりません。

むう、こりゃ4,5時間待つコースかな?

はぁ、車で寝てるかぁ~!なんて思っていたんですがね、



驚いたことに、


車の乗客の男性たちが立ち上がったのです!


「イー、アー、サン!(1,2,3)という掛け声とともに、



おおきな岩を持ち上げ。。
東チベット 移動







。。。られませんでした(´・ω・`)



みんなも無理だと思っていたのか、
現場は笑いに包まれていました(笑)


でも諦めない男達。


今度は比較的小さめの岩をどかしたり、
砂利山をけずったりして各自工夫を凝らします。
東チベット 移動



手と足は泥だらけ、雨でびしょぬれにも関わらず、
動きを止めません。


中国人の結束力と根性をまざまざと見せつけられました。


ただただ私達は感心するばかりです。
(私達はまだ岩が落ちてくるので、少し離れたとこで非難していました。)


そしてついに!


絶対に無理だと思っていたのに、


道ができたのです!


岩の隙間を縫って、しかも砂利山を斜めに進む、
かなり無茶な道ですが(・∀・`。)


ここでもタイヤがはまってしまう車を
後ろから押したりと、協力し合います。


私達の車のドライバーなんて、人が良すぎて最後の最後の
車までお手伝いして、結局出発したのは大分後でしたからね。


当初の到着予定時刻よりも3時間も遅れてしまいましたが、

無事理塘に到着です!
DSCF0171.jpg



夜だったので町歩きは出来なかったけど、
居心地の良い宿でまったり(´∀`*)
DSCF0166.jpg


子供達の見ていた中国のアニメをぼんやり見ながら、

崖崩れで待つのは大変だったけど、
中国人の良い所を見れたなぁと思ったのでした。


◆甘孜(ガンズー)の宿◆
金耗牛酒店
(ジンハオニゥジゥディェン)
ツイン150元(≒2,550円)。
WiFi、ホットシャワー有り。
値段は高いけど、立派なホテルでした。
場所は人に尋ねましょう。


◆理塘(リータン)の宿◆
尼玛客栈
(ニーマーグァヂャン)
ツイン80元(1,360円)。
WiFi、ホットシャワー有り。
家族経営のホンワカ宿。
バスを降りた目の前にありました。


今日も読んで頂いてありがとうございます(*´∀`*)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
世界一周ブログランキングに参加しています♪

上の画像を1日1回クリックしてもらえると、
順位が上がって喜びますd(`・ω´・+)

ブログランキングってなんなの?って人は
こちらを読んでくださーい。

うまくリンク先のランキングが表示されない方は
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/600-7f3c5706

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。