犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  中国 »  高級食材をこんな感じに調理してみました(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

高級食材をこんな感じに調理してみました(T平)

まずは移動の続きです。
tizu_20140910102409625.jpg




【理塘(リータン)→乡城(シィャンチェン)
朝の10時発、15時着。

道中は特に何事もありません。
シャングリラまでの移動



車内のおやつに驚いたくらい。
シャングリラまでの移動

この左側の、偽ペコちゃんのチョコが
意外にも美味しかったくらいです。


乡城に着いたら、ちょっとだけぷらっとしました。
中途半端に栄えた田舎な感じです。
シャングリラまでの移動



宿はきれいでした。
シャングリラまでの移動

と思いきや、トイレの排水があまりよくなかったのか
室内に匂いが充満していたり、


歪んだ鏡で、
U子が一人遊びをしていたりしました。
シャングリラまでの移動





【乡城(シィャンチェン)→香格里拉(シャングリラ)
朝の6時発、15時くらいに着。

乡城はこんな物流会社っぽいところが、バス会社でした。
シャングリラまでの移動


久しぶりに大きなバスで移動しました、

道も舗装されていて、あまり揺れることもなく、
やっぱり何事も無い移動でした。


バスが動き出した直後は、
霧が山の水墨画を描いていました。(うむ、いい表現だ。)
シャングリラまでの移動



車内のおやつにきのこの山的なの。
シャングリラまでの移動

偽ペコちゃんが美味しかったので
またチョコを買ってみました。


・・・??
シャングリラまでの移動

色、違くない??







さあ、

そんなこんなで、

やってきました、




香格里拉(シャングリラ)です。




ここまで長かった~。。。



そもそも、東チベットで見たかったのは
五明佛学院(ラルンガルゴンパ)だけだったので、


わざわざ香格里拉に苦労してくることをせず、
成都に戻ってしまえば楽だったんですけど、



僕にはどうしても、

バスを何台乗り継いでも、

良く分からん町に宿泊することになっても、


香格里拉に来たかった理由があるのです。



その理由の1つ目は簡単で、
シャングリラっていう町名がかっこいい!ということでして、


そもそも、香格里拉という地名は
チベットの人たちから、
中甸(ギュルタン)と言われていた土地です。



それを毎度おなじみ、悪の親玉である中国共産党が、
2001年、小説の『失われた地平線』にちなんで
理想郷、シャングリラと変えたのです。



その目的はあくまでも噂でしかありませんが、


チベット人の昔からある町、中甸を
俗っぽい場所にしてしまえぇぇぇ!

うひゃひゃひゃひゃ!
かっこいい地名にして、観光客を募ってしまえぇぇぇぇ!






という狙いがあったのではと言われています。




むう・・。

悪の親玉に釣られてしまった・・・。



だけど、

僕は地名のかっこよさだけでここに来たわけではありません、


香格里拉の名物、知っていますか?


実は、松茸の産地としても知られているのです。


日本の松茸の98%は中国産。

その内の半分は、ここ香格里拉産なんだそうで。



であれば、

獲れたての、安い松茸を食べることが出来だろうと
考えたわけであります。







早速、近くの飯屋に松茸がないかを訪ね歩く僕ら。
シャングリラ



でも、

ほとんどのお店の回答が
「メイヨー」(無いよー)でして、

なかなか、松茸をご飯屋のメニューにしているお店はありません。





お、ここなら?
シャングリラ

松松飯店という名前ならあるだろう!


「やあ、松茸あるかい?」

「メイヨー!」






ううう、松茸は無いのか?

もはや輸出用になってしまっていて、
地元の人が食べるものではないのか?


何軒も何軒も訪ね歩いた僕ら。

繰り返されるメイヨー。



ところが、

ついに、

「ヨー!」(あるよー)というお店を見つけたのです。
シャングリラ


※後々分かったのですが、
 ローカルエリアでなはく、観光地エリアに行けば
 松茸メニューはたくさんありました。



ここは食材を選ぶと、調理してくれるお店。
シャングリラ 松茸

中国ではよくあるタイプの飯屋です。



どれどれ?



あ、



あったー!!
シャングリラ 松茸


ありました!

日本で良く見かける、傘が閉じているのではなくて、
椎茸みたいにでっかく成長しているやつ!!


「おばちゃん、これいくら?」

「70元(≒1,200円)だよ!!」



た、高い・・・。


中国なんて一食15元(≒250円)もあれば
何かしら定食っぽいものが食べられるのに・・・。



まあ、食べるんだけどね。
シャングリラ

お任せで調理してもらったら炒め物になりました。




これが、

めちゃくちゃうまかったです。


分厚く切られているので
エリンギ以上の心地よい歯ごたえが有り、

ニンニクが大量に入っているのに
松茸のいい香りも有り。



70元?
シャングリラ 松茸

安い安い~!!



久しぶりの贅沢に味をしめた僕らご一行は、
そのまま町を練り歩きます。

シャングリラ 松茸




むむ、これは?
シャングリラ 松茸

乾燥松茸!?

一袋で40元。(≒680円)

買ったれ買ったれ!!



むむ、これは?
シャングリラ 松茸

日本的な傘の閉じた松茸。

4本で10元。(≒170円)

買ったれ買ったれ!!







時は流れ・・・


夕食の時間です。


コップに松茸を放り込み、
電熱コイルでゆでる僕。
シャングリラ 松茸




できあがったのは、

松茸の味噌汁と松茸カップ麺。
シャングリラ 松茸

おー、これもまたうまいじゃないか!



悪の親玉、中国共産党さん・・・。

確かにここは理想郷だわ・・・。




◆乡城(シィャンチェン)の宿◆
宿名不明。

ツイン80元(≒1,360円)
WiFi、ホットシャワー有り。
バス会社のすぐ左斜め前にありました。
道路より低い位置にあって、
商店が並ぶ1Fが地下のように見える建物です。


◆香格里拉(シャングリラ)の宿
吃巴青山酒店

ツイン70元(≒1,200円)
WiFi、ホットシャワー有り。
バスターミナルの向かいの、飲食店が並ぶ道にありました。
レセプションのお兄さんは少し英語がしゃべれます。


世界一周ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑


ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?



関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント

No title

おれも語感だけで行きたいと思ってたよ、シャングリラ!
松茸があるとは…まさに理想郷。
中国楽しそうで羨まシス。

2014-09-13 12:00 | from 310

Re: No title

>310さん
ぜひ旅行終盤に中国へ!
イメージ悪い国だけど、かなり楽しかったよ。
四川と雲南だけだったけど。

2014-09-14 00:11 | from T平

非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/601-9e446ddb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。