犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  中国 »  小矮人王国:中国のB級テーマパークに潜入してみた※行き方有り(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

小矮人王国:中国のB級テーマパークに潜入してみた※行き方有り(T平)

昨夜、宿を変えることを決めたので
朝早くに街の中心部のドミトリーに移動しました。

(昨日の記事→中国の安宿事情について。(U子))

昆明 宿


中国は全体的に宿が安かったから
ドミトリーとか泊まりたくなかったんだけどね。


昨日泊まっていた宿の周辺、
地元っ子しかいないエリアを歩き回ったんですけど

当然ながら、
外国人宿泊用のライセンスを持っている宿なんて一つも無く、


仕方なくロンリープラネットに載っていた
ユースホステルにやってきたわけです。


英語通じるし、意外と居心地はいいです。
昆明 宿






んまあいいや。


今日は昆明滞在のハイライトなので、
宿のことなんかはどうだっていいんです。
(一応最後に宿情報は書いときますが・・・。)



さあ、行きましょう!

物議を醸す、B級テーマパークへ!!



行き方は↓こんな感じでした。


市内バスで、
梁家河车场なる小型のバスターミナルに行きます。

僕らが泊まった宿からは、
人民西路という道から54番バスとかで行けました。

梁家河车场からは海口行きのバスに乗ります。


昆明湖沿いを走るので景色がきれいです。
昆明湖 


バスでは終点まで行かず、
西华街というところで降ろしてもらいます。



降りたところで昼食。
昼食

値段を聞いただけで頼んでいない
魚の揚げ物が出てきました。

25元(≒425円)もしましが、
突っ返す勇気なんてないし、食ったら食ったでうまかったです。



そんでそこから徒歩。
道



かと思いきや、テーマパークは遠いようで・・・


5Km先のよう。
看板



ヒッチハイクをしていたら、
30元(≒510円)払ってミニバス型のタクシーに乗ることになりました。






やっと着きました。


これが、
国内外から批判が殺到するテーマパークです。
中国 テーマパーク




中国のテーマパークといえば、
偽ミッキー?
偽ドラえもん??
偽ガンダム???


いやいや、
ここは世界蝴蝶园というところで、

簡単に言うと、蝶々の動物園のようなところ。
中国 テーマパーク



入場料はものすごく高くてびっくりしました。
120元(≒2,040円)もします。

中国で120元あったら
クルクル周るテーブルの高級料亭でウーロン!とか言えます。



値段が値段だけに、
さぞかし立派な蝶々の楽園なのかと思いきや、



蝶々を見れるスペースはほんのわずかしかありません。
中国 テーマパーク



中国 テーマパーク

3分もあれば見終わってしまいます。



先に進むと、
有刺鉄線に囲まれた、立派な恐竜のオブジェがあったりしました。
中国 テーマパーク B級



首とか尻尾とかが動きます、驚くほどリアルに。
中国 テーマパーク B級




ここは一体なんなんだ?

と疑問に思っていたら、

やっぱり、裏側にでかい蝶々がたくさんとまっています。
中国 テーマパーク B級

うん。やっぱ蝶がテーマなんだよな。。。





一応ここまではなんてことはない、
ただのコストパフォーマンス最悪のテーマパークです。

120元払ってこれかよ!ってなるテーマパークです。



だけど、本番はここからね。



数年前、
この世界蝴蝶园の施設内にとある王国ができました。


その結果、

世界蝴蝶园が物議を醸すテーマパーク、
非難殺到のテーマパークとなったのです。



↓こんなん。
中国 テーマパーク B級 小人症



DSCF0584.jpg 



DSCF0590.jpg 






ここは小矮人王国。

日本語では小人の国というのでしょうね。


中国各地から集まった小人症の人。

身長130cm以下の人たちが100人以上も住み、
生活しているんです。
中国 テーマパーク B級 小人症



中国 テーマパーク B級 小人症



中国 テーマパーク B級 小人症



中国 テーマパーク B級 小人症




まるで、リアルドワーフのようであり

まるで、リアルガリバー旅行記のようです。




山の上には小人国の王様が住むお城がありました。
中国 テーマパーク



せっかくだから王様に会っておこうかと思い、
すごい頑張って登ったんですけど、
(無駄に敷地がでかいので、かなり遠いです。)


着いたら着いたで、
観光客が侵略していたようで、王国は占拠されていました。
中国 テーマパーク B級 小人症




うーむ。

王様、どこいった?


どこに亡命した?


仕方なく僕らは王様に会うことを諦め、
城下町に戻ったのです。




ところがその時、


消えた王様は姿を現しましたのです。


王様はステージに向かって歩いてきます。
中国 テーマパーク B級 小人症



引き連れているのはたくさんの自国民たち。
中国 テーマパーク B級 小人症




丁度この時15:50。



ショータイムの始まりです。
中国 テーマパーク B級 小人症



歌う小人国の住民。
中国 テーマパーク B級 小人症



花を買うと一緒に写真撮影できるらしいです。
中国 テーマパーク B級 小人症



王様は大人気です。
中国 テーマパーク B級 小人症



踊る住民達。
中国 テーマパーク B級 小人症

すんごいバラバラです。
練習不足というか、合わせる気が無いのか。



もはや、お遊戯会みたいになっていたので、
実はそういう演出なのかと勘ぐってしまいます?
中国 テーマパーク B級 小人症

うーん・・・痛々しさ満載です。



↓動画も撮りました。






と、

噂のB級テーマパークはこんな様子です。

正直、興味深さこそあれど、楽しくはなかったです。




小矮人王国に寄せられる批判というのは、
身体障害者を見せ物にしている!ということらしいんです。
社会的弱者をネタに金儲けをしていいのか!という良くあるやつですね。


ところが、逆に、

身体障害者だろうがなんだろうが
雇用があることはマイナスではない!という意見もあります。


おっぱいでっかい人が、
グラビアアイドルになるみたいなもんで、

特殊な容姿を持った人が
特殊な仕事に就くのは当たり前のこと、

むしろ一般的な職業に就くことのできない
社会に問題があるということでしょう。




だけど、

実際に来てみると、


これ見せ物になっているのか?

というくらいの雑さ、適当さ、
おもてなし精神の無さが目立ってしまいます。

ショータイムも手抜き、衣装を着ているだけです。

ただただ、小人症の人がいるだけ。



なんか残念でした。
中国 テーマパーク B級 小人症


社会的弱者といえども、ダラダラ働くな~!!



◆昆明の宿◆
昆明傾城國際青年旅舍
(Kunming Upland International Youth Hostel)
http://www.booking.com/hotel/cn/kunming-upland-international-youth.ja.html
ドミ45元(≒765円)
WiFiサクサク。
めちゃくちゃきれいなドミトリーでした。
宿内にある食堂も安くてうまいです。


世界一周ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑


ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?



関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/604-8ba71b6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。