犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  ネパール »  僕とバナナの話でもしようか(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

僕とバナナの話でもしようか(T平)

今日の記事は昔話からです。

10年前の話からします。



まずはこの写真。
ネパール

左の愉快な顔しているのがバナナで、本編の主役です。
右の痩せているまるで僕みたいなのが僕です。




僕が大学生の頃、
初めて海外を一人で旅行したときに僕とバナナは出会いました。



僕は、日本からフェリーで上海、
そこからチベットを経由してネパール、インド、
飛行機でタイを経由して日本に帰るというルートでアジアを旅行しました。



当時は今と違って、
世界一周する大学生なんてほぼ皆無です。


若者の貧乏旅行といえばアジア、中東あたり、
期間も1ヶ月くらいが普通だったんじゃないかなと思います。



アフリカや南米は経験を積んでから、
ヨーロッパは老後の楽しみに取っておく、というのが主流の時代でした。




大学生の僕は、
とにかくチベットに興味がありました。


当時、日本では、
中国共産党によるチベット人への弾圧なんて、
話題にもあがっていなかったんですけど、



Beastie Boysというバンドが、
チベット解放運動をしているのをきっかけに
チベットで起こっていることを知ったわけです。


丁度、どこを旅行するか考えていたタイミングもあって、
これは行かねば!と僕は考えたんです。

正義感溢れる、純朴な好青年だったようですね。





だけど、

チベットまでの道のりはかなり強烈でした。


チベット自治区というのに入るのには
許可証が必要だったんですけど、値段が結構高くて、


ほとんどの旅行者は
無許可で入るのが一般的、当たり前だったんです。



チベット仏教の聖地、ラサまでのバスはあったんですけど、
公安(警察)に見つかると、無許可なので追い返されます。


せっかく長い距離を移動してきたのが
一気に無駄になってしまいます。


だから、僕は中国の格爾木(ゴルムド)ってとこから
知り合った日本人、韓国人とで
車をチャーターして、こっそり入ろうとしました。




ラサまでの道は舗装はされているけれど、
ウネウネした山道です。


車道は高台に造られていて、
運転をミスると、崖下に真っ逆さまという危険な道。



そんな道を一晩中、
ランドクルーザーは走っていました。


季節は夏だったんですけど、
外がすごい寒かったことを覚えています。


助手席に座っていた日本人は、
車内の熱気で曇った窓ガラスを拭いていました。

その後ろの後部座席には日本人3人と韓国人1人。

僕はじゃんけんか何かに負けたのか、
さらに後ろの、荷物置き場のようなところに寝転がって、

公安の検問がないことを祈りながら、
カーブの度にゆらゆらと揺れていました。






いつの間にか寝ていた僕。


他の日本人、韓国人も寝ていたよう。


高度が上がって、頭がボーっとしたのか、
みんな眠くなったのでしょう。


誰一人起きていなかったんです。






運転手すらも。








っ!!??



急に体が回転しました。


無重力の宇宙に放り出されたように、
どっちが上でどっちが下か分からない。


ペンチやらなにやら硬いものが降ってきて、
履いていたサンダルが顔にぶつかります。

窓が勢いよく割れて、ガラスの破片が口の中に入ってきます。

僕はどこか出っ張りのようなところを探して握り締めていました。






10秒ほどすると、揺れが止まりました。


体中が痛く、工具と割れたガラスでの下で、
何が起こったのかが理解できました。





しばらくすると、

「生きてるかぁ?」


と、日本人の声が聞こえ、


「あ、うん」

と、僕は声をひねり出します。



今思うと恥ずかしいんですけど、

混乱した頭で、
救助のヘリコプターはいつくるのかなぁなんて考えていました。


ずっと寝たり起きたりを繰り返しながら、
ヘリコプターを待っていました。



いつの間にか、朝になっていたみたいで、
割れた窓から太陽の光が入っています。


その隙間から外を見ると、
あたり一面、石と野草と山しかなく、

こんなとこ、ヘリコプーターなんて来るわけねぇ!って気がつきました。







僕は車から出て、
硬直してバキバキになった間接を伸ばします。


あたりを見回すと、

僕のサンダルと買っておいた水のペッドボトルが、
ランドクルーザーが転がった後に残されていて、

裸足で歩いては、一つ一つ拾って泥をぬぐいました。




中国語をしゃべれる日本人2人は
壊れたランドクルーザーの反対側で運転手を尋問していました。


どうしてくれるんだ!

どうやってラサまで俺らを連れて行くんだ!と。


だけど、彼はただの雇われ運転手で、
彼自身も、きっと壊れたランドクルーザーを
弁償しなくてはならない立場です。

彼にはどうすることもできません。



僕らは尋問中の日本人2人を残し、
もう一人の日本人と韓国人の3人で路上に立ちました。


ヒッチハイクでラサを目指すことにしたんです。

(後から聞いた話によると、
 運転手は尋問中に山に走って逃げたらしいです。)





僕らはなんとかトラックをヒッチハイクすることができました。

公安の検問も無く、ラサにたどり着くことができました。


ラサに着いたら、ひたすら寝ました。

風邪もひいたようで、がたがた震えながら寝ていました。


体調が戻ったら毎日、ビールを片手に町を練り歩きました。

一緒に崖から落ちた日本人の一人はかなりの酒好きで、
さらにお酒を飲むと態度がでかくなるという点も僕と一緒でした。


妙に気が合った僕と彼は、日本人の知り合いを作り、
酔っ払っては、ドミトリーに会いに行き、くだらない話をしていました。


いつの間にか、僕らはラサの日本人の間で、
「落ちた人たち」として噂になっていました。


道を歩いていると、
「あ、落ちた人たちですよね?」と声を掛けられるくらいの有名人です。


一応は、ツアーに参加したり、観光も一通りしたし、
チベットがどんなところだか見ることができました。
チベット



僕はラサを出ることにしました。


ネパールのカトマンズに向かったんです。





カトマンズ行きのバスも辛かったです。

さすがに崖から落ちたりはしなかったんですけど、
ギュウギュウにつめられた乗用車でひたすら耐えていました。


チベット人は車の中にひまわりの種のカスを
クチュクチュぺッって吐き出し、

ありえないくらいの悪路は、何度も僕の体を浮き上がらせました。


途中、休憩する食堂のご飯はありえないほど不味くて、
吐き気を我慢しながら口に詰め込むしかありません。



ああ、もうアジアなんて来ない。

貧乏旅行なんてろくなもんじゃないと僕は考えていたんですけど、


その移動中に会った旅行中の医者夫婦に

「カトマンズでステーキを食べよう」って言ってもらい、

必死にカトマンズを目指しました。






そんなカトマンズで有名なステーキ屋、
エベレストステーキハウスにいたのが、バナナです。


本名はラキシミなんですけど、僕は彼をバナナと呼んでいます。

因みに彼も僕のことをバナナと呼んでいます。


僕とバナナとの妙な関係は、
一緒に移動してきた酒好きの日本人が
バナナラッシーを注文したことが始まりでした。


「日本人のバナナはスモールだけどストロングだぜ!」


彼は注文ついでにそんな冗談をいいました。

基本的に下ネタは万国共通、
男性同士が仲良くなるきっかけなんて日本も海外も同じようなもんです。


バナナはくだらない冗談に大喜びしました。


彼自身も僕らのテーブルにサービスをしに来るたびに、
下ネタを発するようになりました。


欧米人が入店すると。

「ヘイ!ホワイトバナナカムズ!!」と

ニヤニヤしながらこっそりしゃべりかけます。


そもそもが笑いを誘う顔をしているバナナ。

立ち振る舞いも妙におどおどしたものがあり、
愛くるしい見た目をしています。


マネージャーっぽそうな偉そうなスタッフが
壁にもたれかかりながら、バナナをにらんでいましたが、


僕らのテーブルは盛り上がりっぱなし、

空のビール瓶が何本も並びました。








死にそうになってラサに着いたときもそう、
ボロボロになってカトマンズに着いたときもそう。

辛い移動であっても、それが永遠に続くことはありません。

目的地に至ることができれば、
何か僕の気持ちを盛り立てるような出会いや体験があるのです。


僕が長期旅行というものに一度は嫌気がさしても、
いつの間にか取り憑かれるようになったきっかけの一つが、
バナナとの出会ったこの最初の一人旅行でした。




うーん。。。続きます。


世界一周ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑


ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?



関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/618-31664713

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。