スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

田舎です(T平)

気がつけばカトマンズに何泊もしている僕らです。



本当はポカラとか行けばいいんだけど、
移動するのが億劫でなりません。



あ、ポカラってのは
ネパールに来るほとんどの旅行者が行く湖沿いの町なんですけど、


インド大使館にビザの申請を出しているから、
どこに行ってもまたカトマンズに戻ってこなくちゃならんのです。



あんまり遠くに行ったら行ったで、帰ってくるのが面倒くさいし、
どこか行くとしたら日帰りかな~。


とりあえずタメル地区を離れてみようかな~。







というわけで、本日の行き先を考えてみました。




目指すは気軽に行ける田舎、ブングマティなるとこです。



シティバスパークというところからバスに乗ります。
ネパール 田舎 ブングマティ



バスはとにかく渋滞、
頻繁にある乗客の乗り降りで動いては停まりの繰り返しです。


道路も穴の空いたアスファルトで度々の減速、
いつになった着くのやら。


走ってるときだけ窓の隙間から流れ込む
排気ガスを顔一面に受けながら、いつの間にかうとうとしていました。









・・・あ、着いた。
ネパール 田舎 ブングマティ



カトマンズからほんの1時間くらいで着きました。
きっとタクシーなら30分で着くくらいの距離だな。

ブングマティは想像よりもかなり近い距離にありました。



だけど、


あたりを見回してみると、


予想だにしなかった光景。



もうね、かなりの田舎なんですよ。



田舎といえばほら、田園風景でしょ?
ネパール 田舎 ブングマティ



そこいら中に鴨まで歩いているし。
ネパール 田舎 ブングマティ



レンガ造りの家には大根がぶら下がり、
ネパール 田舎 ブングマティ



ニワトリは八百屋の野菜をつついています。
ネパール 田舎 ブングマティ





この手の田舎でやることは決まっています。


ただただ、適当に歩くだけ。

そんでもって疲れたら、道端で休むだけ。

それが楽しいというか、それしかすることはないんです。




カトマンズのタメル地区と違い、
バイクやタクシーや人力車に轢かれる心配もないしね。


すれ違う村の人は僕らが珍しいのかジロジロと見てきます。


見てくるといっても、
はぁ?この都会者が!!みたいな敵意のある様子は無く、

目を細めながら・・・はて??といった感じです。


子供達は僕らを柱の影、家の影から覗き見していて、
僕がダッシュして驚かすと、
ひゃ~と笑いながら逃げていきます。



村の雰囲気はすこぶる良いです。
ネパール 田舎 ブングマティ 

うむ、田舎、ザ・田舎だ。






仔犬通りがありました。
ネパール 田舎 ブングマティ



ちっちゃな仔犬が何匹もいました。
ネパール 田舎 ブングマティ 



村中に放し飼いの犬がいて、
たまに吠えるのでこわいんだけど、

仔犬であればまあ噛まないかな。


近所のおばちゃん見守られながら、
追いかけたり、突っついたり。
ネパール 田舎 ブングマティ








木彫り職人の若者がドアの向こうから挨拶してきます。
ネパール 田舎 ブングマティ 

こんなところ旅行者なんてほとんど来ないのに、
出来上がったものを路上に並べて売っていました。

もしかすると、カトマンズの業者に卸すのが本業かもしれません。




物価も安いです。
ネパール 田舎 ブングマティ


バフ(水牛)のチョウメン(焼きそばっぽいの)も60円くらい。
カトマンズのタメル地区なら3倍します。


だけど、味はイマイチです。
U子が食べ切れなかったのを僕が無理矢理口に詰め込みました。


食べている僕らを店員さんがじっと見ていたので、
残すわけにはいかんのです、
田舎なんで、悪い噂流れると村八分になっちゃうからね。






うん、田舎を堪能した。


適当に歩いて、適当に休んだ、満足満足。



僕らは乗ってきたバスに乗り、
カトマンズ方面へ向かいます。



だけど下車したのは、
カトマンズではなく、パタンという町。
ここいらにある町で一番古いとされる町です。


帰り道だし、
せっかくだから散歩して帰ろうかと思ったんでけど、
えらいことになっていました。



さっきまでは人より犬、犬より鴨の方が多いであろう村、
仮に日本であればバスが一日一本しかないようなところから、





急に年末のアメ横のようなとこに出ました。
パタン



道の左右に洋服やらバッグやらが山積みにされ、
前後に行き来する人、人、人、バイク、
大荷物を持った物売り、物売り、物売り。



さらには自動車までが往来する。
パタン

こんなとこが田舎から30分の距離にあるんだね。


バス停からダルバール広場ってとこまで行きたいんだけど、
全く先に進める様子も無く、


サンダルからむき出しになった足を踏まれ、
泥だらけにされながら、脇道に押し出されました。
パタン



一応はダルバール広場まで来たんだけど。
パタン 



もう疲れました。


ささっと退散です。(入場料も高いし)



バス停まで帰るとしようか。
パタン

出来る限り細い道で。





世界一周ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑


ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?



関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/624-9a960924

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。