犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  インド »  愛と幻想の山岳鉄道(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

愛と幻想の山岳鉄道(T平)

一度気にいったご飯屋を見つけると、
ほぼ毎食通いつめることになる僕らです。


お店の人に顔を覚えてもらえるし、
他のお店を探すのも面倒くさいし、
どのメニューが美味しいかも把握できるから、

行きつけのお店を作っちゃったほうが楽なんです。


ここダージリンでも
宿の3件隣りくらいにあるベジタリアン料理が
僕らの行きつけになりました。



お肉を使っていないのにジューシーだし、
味付けが日本人好みです。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン
値段も安くて美味。




ただ、店員がちょっとアホです。


この彼ね、
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン
室内なのに、サングラスの彼。


ミルクティーとブラックティーを間違えることはしばしば、


3品以上を同時に注文すると、
必ず、別の人がもう一度注文をとりにやってきます。


彼自身に申し訳ないという気持ちはないようで、
僕らがオイコラ!って表情をしているときも
気にせず窓に映る自分の髪型をチェックしています。




でもまあ、そのくらいなら許容範囲。

美味しいご飯が食べれれば問題はありません。
逆に毎回やってくれるアホっぷりがかわいらしいんです。


だけど、

このお店でサンドイッチなるものを注文して以来、
もう訪れることはありませんでした。


パサパサのパンに、生タマネギ&キュウリ&トマト&人参って・・・。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン
まずっ。






さて、

そんな話は置いておいて、本題です。


ダージリンといえば、

紅茶?

はーぁ?

馬鹿じゃないの??

と思っている僕です。



ダージリンといえばこれですよ。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン


ダージリン・ヒマラヤ鉄道、

別名トイトレイン。


かつて、

ダージリンで取れた紅茶を輸送するため、
避暑地に遊びに来たセレブな人々を乗せるために作られた鉄道です。


燃料はそう、石炭です。

つまりは蒸気機関車なのです。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン



人間が機械文明を作り出したきっかけがこれです。

イギリスが産業革命を起こすことのできた動力です。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン




列車から聞こえる汽笛の音は僕を誘い、
吐き出す黒煙には夢が詰まっているのです。

もはや石炭を放り込むおっちゃんの
すすで汚れた腕すらもいとおしい。


ああ、それが蒸気機関車・・・。



これが興奮せずにはいらるかって話ですよ。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン




早速窓口にいってチケットを買います。


ダージリンの隣りの町、グールってとこまで、
大人二枚、ファーストクラスです。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン



初めはチャイでもすすって列車を待とうかと思ったんですけど
U子がお腹痛いとかいいだしたので、
一旦ホテルに戻りました。



そして、再び駅に戻ると、


僕らの乗るべき列車が丁度走り出していました。

10:50発だと思っていたのが、10:15発でした。


フィフティーンとフィフティを聞き間違えるとは、
旅行終盤にもかかわらず、海外ありがちミスです。


車掌っぽい人が
走っている列車のドアから、急げ急げ!と手招きしています。

僕らはダッシュで追いかけ、彼がいるドアへジャーンプ!

U子は慌て過ぎてドアの横に腕をぶつけて、しばらく痛がっていました。


はぁ、間に合った。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン


トイトレインの内部はこじんまりしています。


この列車は、もともとの山の地形を利用を崩さずに作ったので
線路幅が異様に狭いんです。


車窓からは、


壁。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン



まれに人。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン



運がよければ鶏。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン



正直、視界が悪いです。


僕らの席は左側。

右側にはヒマラヤ山脈とか見えているんですけど、
右側はほぼ壁です。



だけど別に景色はどうだっていいんですよ。

僕はただ蒸気機関車に乗りたかったんです。

黒煙を吹き上げながら走る列車に揺られたかっただけなんです。



黒煙?
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン


え?

なくない??



僕らが乗っていた列車はなんだったのか?

30分後、グールに到着し先頭車両を見てみると、


なんだこれ?
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン

先頭がのっぺりしています。



そこらにいた人に聞いてみると、
どうやらディーゼル機関のようです。


ダージリン駅には蒸気機関車が
いっぱい停まっていたんだけど、なんでだろう。



歩いて帰ります。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン


ダージリンからグールまでは列車で30分の距離。

だけど列車の速度が恐ろしく遅いので、
徒歩1時間くらいの距離でしかないんです。



途中、立ち寄ったゴンパ。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン



僧侶がいかついです。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン
生徒に恐れられる体育教師ですね。


あ、

そうそう、

線路沿いを歩いていたら、たまにすれ違うんですよ。




蒸気機関車が。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン


外国人旅行者が窓から顔をだして、
にやにやと楽しそうにしています。



はぁ・・・。






で、


ホテルに戻って調べました。

なぜ僕らがディーゼル機関車だったのか?

なぜ蒸気機関車に乗れなかったのか?


どうやら、トイトレインってのは、
観光客用のジョイライドっていうのがあるらしいんです。

僕らがさっき乗ったのは
現地人用の移動手段。

ファーストクラスといえども観光用ではないらしいのです。





ってことで翌日。



再チャレンジ。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン


一緒にいるのはエリコさんです。


5年ほど前にエクアドルで会ったんですけど、
先日、紅茶農園で偶然再会しました。


この旅行ではいろんな人と会いましたけど、
エリコさんを見かけたときは一番驚いたかもしれません。


以前会ったころはFacebookなんて一部の旅行者しかやってなかったし、
お互い海外にいることすらも知らなかったからね。


それが、異国の紅茶畑で5年ぶりに出会うなんて、
恋に落ちるパターンです。

エリコさんごめんね、残念ながら僕は結婚しています・・・。







んまあ、そんな話はどうでもいいですね。



2度目のトイトレインなのですが、

朝9時前に駅の窓口に並び、
きちんとジョイライドのチケットをゲットしました。


昨日の片道とは違い、
ダージリンとグールの往復チケットです。




席も右側に座れました。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン


切符売りのおばちゃんにお願いしたんだけど、
おばちゃん自身がどの席番号が右側だか把握していないよう。

だから完全に運だったんですけど、

こりゃあついてますな。



景色がいいよー。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン






だけど、ただ一つ残念だったことがあって、







またディーゼルっておい!
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン 
な、な、なんでだー???



途中、公園のようなところで10分間の休憩がありました。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン


ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン




ええですから、
何度見てもディーゼルなんです。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン 





そして2度目のグールです。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン



グールの駅の前には
鉄道ミュージアム的なところがあったので、


もう動かない蒸気機関車と戯れました。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン
こ、黒煙がでていない・・・。




蒸気機関車とは、
憧れのトイトレインは幻だったのか?





失意の僕らはダージリンに戻りました。

エリコさんお勧めのちょっといいレストランで、
ステーキを注文するのです。



ああ、こりゃビーフシチューだね。
ダージリン ヒマラヤ鉄道 トイトレイン


ここはインド、そんなもんなんだよ。



↓動画、ディーゼル機関車の車窓から。





世界一周ブログランキングに参加しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓ここを↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑↑↑↑↑↑↑クリック↑↑↑↑↑↑↑


ガラケーの方や上のバナーが表示されない方は、
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

ブログランキングって何?って人は
↓こちら
世界一周ブログってなんなの?



関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント

No title

ディーゼル三昧、残念でしたね。
蒸気機関車に乗れるのはどれくらいの確立なんでしょうね。

エリコさんは「情熱紀行」っていうブログをやっていた方ですかね。
そのブログの読者だったのですが、ブログをやめてしまったようで寂しいです。
もしあのエリコさんだったら、ブログ読んでたよ!いつかまた旅行記を書いてくれるとうれしいですって伝えていただけませんか。
ずうずうしいお願いですみません。

2014-10-24 10:29 | from コマダム

Re: No title

>コマダムさん
たぶん、ジョイライドならほぼ蒸気機関車だと思います。
僕らはたまたまついてなかったです。

> エリコさんは「情熱紀行」っていうブログをやっていた方ですかね。

そうそう、よくご存知ですね。
伝えておきましたよ。
書くかはわかりませんけど。

2014-10-24 21:01 | from T平

No title

ありがとうございました。
エリコさんはアフリカなども行かれていたようなので、その後どうなったか心配でしたが、こちらのブログで元気な姿を見られてうれしかったです。

2014-10-30 13:00 | from コマダム

非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/643-e24959a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。