犬と酒と釣りと世界一周とか ホーム  »  スポンサー広告 »  ミャンマー »  ゾウと熊とカバと嘘両替商とか(T平)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。

ゾウと熊とカバと嘘両替商とか(T平)

ミンガラバ!T平です。

とりあえず、ミャンマーは人がいい。

タバコ屋のおっちゃん。
ヤンゴンのタバコ屋のおっちゃん


トラックの荷台で遊ぶ子供達。
ヤンゴンの子供3人


モツ煮屋。
ヤンゴンのモツ煮屋

顔に塗ってるのは「タナカ」。
日焼け対策で、結構な確率で女性や子供達がタナカをしている。



ミャンマー人はなんというか心にゆとりがあって、
話しかければ笑顔で対応してくれるし、
怪しいヒゲ面のバックパッカーにも善意で対応してくれる。

きっとミャンマー人はみんなそうなんだろうなぁ、と思っていたのに。

バスチケットを買いに、
鉄道駅前のチケットカウンターへ行った時に出会ったミャンマー人が
ミャンマー人の印象をちょいと悪くしてくれました。


彼は日本語がペラペラで、
バス会社のチケットカウンターを案内してくれた後に両替を持ちかけました。
ミャンマーは銀行や空港でも両替できるので、
そんなに現地マネー(チャット)には困らなかったのですが、
あまりにレートが良かったので、若干怪しむ心は残しつつ、
両替に応じることにしました。


彼の言うレートは1$=920チャット、銀行だと866チャット。
折角なので200$両替する事になり、自分ら2人と現地人3人で人気の無い道に向かい、
184,000チャットの札束を数え始める。


枚数が問題ないことを双方が確認すると、
あっこりゃ、ちくしょう、なんか手が滑りやがった!
そんな感じで路上に札束をどかっと落としたのは一人のミャンマー人。

拾い集めた札束を200$と交換するように促されたんですが、
やっぱり怪しいので、再び枚数をチェックしようとすると、
後ろで別のミャンマー人が札束を渡していました。


やっぱりそうか…。


あきれてしまった自分達は、
何も言わずにとぼとぼと彼らのもとを去り、
当初の目的の動物園に癒されに行くのでした。





ヤンゴン市民の憩いの場、動物園は
安宿がたくさんあるスーレーパゴダから北へしばらく行くとあるそうで。
結構な距離があったんですが、

行った町に動物園があれば行くべし。

U子の頑なな何かは、ヤンゴンの灼熱にもめげることはありませんでした。


外国人の入場料は2,000チャット(≒220円)。
ヤンゴンの動物園


だいぶ寂れている。
ヤンゴンの動物園の寂れ


平日ということもあるのか、あんまりお客さんはいません。
ヤンゴンの動物園2



でも、発展途上国の動物園には
先進国の動物園にはない魅力があります。

ヤンゴンの動物園の見所は大きく3つ。


①ゾウ
餌を買ってあげることができます。
ヤンゴンの動物園のゾウ


めちゃくちゃ近い。
ヤンゴンの動物園のゾウ2

手を伸ばせば触れます。



②熊
餌をもらっていないのか、執拗になんか欲しがる二匹の小熊。


別の熊はちょっと落ち着いていてるのかな。

スナックを与えるミャンマー人が笑える。



③カバ
ゾウと同様に餌を買ってあげることができます。
ヤンゴンの動物園のカバ


間抜け面の癖に迫力がありやがる。
ヤンゴンの動物園のカバ2




因みに動物園のちょっと先には、
湖の上に建つ、こんな洒落たカラウェイ・パレスというレストランがあります。
ビールのラベルのやつ


ミャンマーの架空の鳥がモデルになっているそうなんですが、
これ、ビールのラベルになってます。
ヤンゴンのミャンマーのビール


ミャンマーのビールは国際的なビールコンテストでも
上位になるほどのうまいプレミアムなビール。

至高の味、ミャンマー生ビール。
ヤンゴンのミャンマー生ビール


なんとビールの飲めないU子が、
ビールのうまさに気付いたそうです。


ミャンマーの生ビールを飲んでみたい、
そんなあなたは世界一周ブログランキングへ投票お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑のバナーをクリックするとポイントが入ります。

うまくリンク先のランキングが表示されない方は
↓こちらでお願いします。
世界一周ランキング

関連記事
スポンサーサイト

↓ついでにシェアやいいね!もぜひ。
 
 ↓前の旅行のブログはこちら↓
  T平とU子が世界一周するらしい…ι
 
コメント
非公開コメント

世界一周ブログランキングへ投票

トラックバック

http://theiyko.blog.fc2.com/tb.php/80-96d83cfd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。